恋人や夫婦間で、相手のことを常に把握していないと気が済まないという人がいますが、束縛するだけでなく浮気・不倫を執拗に疑う人の場合は、オセロ症候群の可能性があります。オセロ症候群を発症しやすい人の特徴や治療法についてご紹介します。




オセロ症候群とは?

オセロ症候群とは、自分の配偶者や恋人などが浮気、不倫をしているのではないかと過剰な妄想、嫉妬を抱く症候群です。

オセロ症候群と呼ばれるのは、シェークスピアの戯曲「オセロ」が由来です。軍人オセロが貞淑な妻・デズデモーナが不倫をしているのではないかと疑ったために起こる悲劇のストーリーを元に、オセロ症候群と呼ばれています。

オセロ症候群になりやすい人の特徴

疑い深い


他人を簡単に信用しない、慎重派タイプの人は相手の言うことを鵜呑みにしません。何か裏があるのではないか、嘘を吐いているのではないかと相手のことを疑っています。

また、オセロ症候群の人は自分のことが好きか、大切に思っているかなど、パートナーが自分をどう思っているのか過剰に気にするところがあります。

人の私物をチェックする


パートナーの携帯を勝手に盗み見るというように、相手の私物をチェックすることが止められないという人がいます。パートナーの私物をチェックするのは、異性に関係するものがないか調べないと気が済まないからです。

オセロ症候群の人は、携帯のリスト、名刺入れなどに異性の名前が入っているだけでも浮気や不倫を疑います。

相手のことを信じたいという気持ちと、自分の中にある不安や疑念を解消するためにパートナーの私物をチェックすることが止められず、後悔しながらも繰り返してしまうという人は、オセロ症候群になりやすい人の特徴です。

連絡を強要する


1時間ごとに連絡を強要するなど、相手の時間を束縛するような行動は、オセロ症候群に見られる症状の1つです。

これは相手がいつどこで何をしているのかを把握していないと、自分が安心できないことからパートナーへ連絡を強要します。

また、パートナーが連絡や返信はすぐに返してくれないと、浮気や不倫をしていたのではとすぐに疑い始めるのもオセロ症候群の特徴です。

異性と関わらせない


パートナーが異性と話す、メールのやり取りをするなど、自分以外の異性と関わるだけで過剰に嫉妬するのは、オセロ症候群に当てはまる症状の1つです。

休日も必ず自分と一緒に過ごさせるなど、パートナーが異性と関わる機会をなるべく作らないようにします。

また、異性アイドルのファンにもなってほしくない、自分以外の異性を褒めてほしくないというように、自分だけを見ていてほしいという気持ちを強く持っています。

幼少期の影響・精神病・依存症


両親が不仲だったなど、何らかの影響で子供の頃から他人を信用できない原因を持ったまま成長すると、大人になっても人を信用できず、オセロ症候群にまで発展する場合があります。

オセロ症候群の人は自己肯定感や自尊心が低く、その自信のなさから相手を束縛してしまうケースが多いのが特徴です。

また、うつ病などの精神病やアルコール依存症など、精神病や依存症が原因でオセロ症候群を引き起こす場合があります。

オセロ症候群の心理


オセロ症候群の人は、パートナーが自分から離れて行ってしまうのではないかという不安感を常に持っています。相手がどんなに誠実な人であってもその気持ちは変わりません。オセロ症候群の原因は本人の考え方にあるからです。

疑い深くなる原因には恋人に裏切られたことがある、両親が不仲だったなど、人によってさまざまな原因があります。その原因がいつまでも分からないまま大人になると、不安感から相手を過剰に束縛してしまいます。

オセロ症候群の対処・治療法

自己中心的であると自覚する


相手の携帯を勝手にチェックするなど、オセロ症候群に当てはまる行動が自分にあるときは、それを自分がされたらどう思うか考えてみてください。自分が浮気や不倫をしていないのに勝手に私物をチェックされたら、嫌な気持ちになるのではないでしょうか。そして自分を信じてくれていなかったんだと、相手に対して失望する気持ちも起こると思います。

また、いくらパートナーといっても人のものを勝手に触るのは失礼でもあります。パートナーからすれば「この人は、他人のものでも自分のもののように勝手に触るんだ」という悪印象しか残りません。

オセロ症候群の人がパートナーに対してすることは、相手の気持ちを全く考えていない行動です。オセロ症候群の人が相手の視点で物事を考えるには、日頃から練習が必要です。人と会話したりメールするときには、常に自分ではなく、まず相手の気持ちを考えて発言、行動するクセをつけてみてください。

パートナーを疑う原因を見つける


オセロ症候群になる原因は、本人の考え方にあるとご説明しました。オセロ症候群の人が抱える「パートナーが離れて行ってしまうような不安感」は、そもそも何が原因でそう考えるようになったのか、その原因を見つけることが必要です。

例えば過去に裏切られたことがある人は、そのときにどう思ったのか(嫌な気持ちになった、悲しかった)など、その気持ちを紙に書き出します。そして、それから自分は人とどういう風に接するようになったのか思い返してみてください。

オセロ症候群の人の場合、相手を束縛したり、何かを強要するような行動が目立ちます。それを紙に書いて見ることで、自分が今までどんな考え方を持ち、人に対してどういう接し方をしてきたのか、心の流れを客観的に見ることができます。

それらを踏まえて、今度は自分に束縛されたときの相手の気持ちについて考えてみるなど、今後のパートナーとの接し方について考えていくことで、相手の視点に立ってコミュニケーションが取れるようになっていきます。

病院でカウンセリングを受ける


オセロ症候群の発症には、うつ病などの精神病が原因の場合もあります。自分ではなくパートナーがオセロ症候群の場合も、一緒に精神科・心療内科でカウンセリングを受けて話し合い、治療する方法もあります。

カウンセラーという第三者を挟むことでパートナーとの関係性を見直すきっかけになり、話し合いながら症状を改善させる治療へつなげていきます。

スポンサーリンク