闇が深い人というと何となくネガティブな雰囲気を感じさせる人というイメージがあるかもしれませんが、実は一見明るい性格に見える人が、心に深い闇を抱えていることもあります。

また闇が深い人は嫌われやすい印象があるかもしれませんが、恋愛ではモテる場合もあります。

そこで今回は闇が深い人の特徴と心理、接し方についてご紹介します。




闇が深い人の特徴・心理

常に笑顔


いつ会っても笑顔で悲しい表情を見せたことがない、弱音を吐かないという人の中には、実は心に深い闇を持っている人も存在します。

この場合、人前で見せる笑顔は仮面のようなもので、本当の自分をさらけ出せず、一人になったときに弱音を吐いたり、辛いことを抱え込んで苦しみます。

いつも笑顔でいる人がうつ病など心の病気にかかり、「どうしてあの人が…」と周りの人は疑問に思うことがありますが、これは誰にも相談できず、何でも一人で抱え込んでしまう人によく見られることです。

面白い・テンションが高い


テンションが高い、ふざけたことをして人を笑わせるような人は、深い闇を抱えている場合があります。

常に笑顔の人と同じように、いつもテンションが高かったりおどけてみせる人は、本当の自分を隠すための態度である場合があります。

外では明るい自分を演出し、家では自分の殻に籠もるというように、外と内で見せる表情や態度が正反対ということもあります。

極端に人目を気にする


闇が深い人は人の目を極端に気にします。人の顔色をうかがうような表情をしたり、人に頼みごとをされたら断れないなど、人から嫌われるのを怖れて自分らしく生きることができません。

人目を気にする人は両親が支配的な人だった、いじめられた過去があるなど心に深い傷を負っており、そのトラウマから大人になっても人目を気にする癖がついてしまっていることもあります。

影がある


闇が深い人はふとしたときに遠い目をしていたり、寂しげな表情をすることがあります。

一瞬のことなので職場や学校などの人にはあまり気付かれませんが、友人や恋人など近しい存在の人には「どうしたの?」と心配されることもあります。

心ここにあらずという表情を見せる人は普段から考え事が多く、自分の世界に入り込んでしまう人や、何かしら問題を抱えているなどさまざまな原因があります。

本音を話さない


闇が深い人は自分の本当の気持ちを人には話しません。家族にさえ話さないこともあります。

嘘を吐きたいというわけではなく、本当のことを言ったら嫌われる、迷惑に思われるという心理があり、本当のことを話すことができません。

本音を話さない人は真面目で責任感の強いところがあり、人に頼ることが苦手な特徴があります。

褒められるのが苦手


闇が深い人は自分のことが嫌いだったり、自信を持てずにいるなど何らかのコンプレックスがあり、人から何かを褒められても心から喜ぶことができません。

自分のことを大切にできないため、人の気持ちを素直に受け止めることも苦手です。人から褒められても「こんな私が褒められて良いのだろうか」というような、自分を否定するような気持ちになりがちです。

優しい


闇が深い人の中には、自分と同じように闇を抱えるような思いはしてほしくないと思い、人に優しく接することがあります。

辛い経験をしてきた、コンプレックスがあるというように、心に傷を抱えたことで闇を抱えるようになった人は、自分も誰かを傷つけて辛い思いをさせたくないと思い、人に優しい態度を取る心理があります。

闇が深い人はモテる?


闇が深い人というとネガティブなイメージを想像しがちですが、闇が深い人は男女問わず、意外とモテる場合もあります。

いつも笑顔で弱音を吐かない人がたまに遠い目をしていたり、どことなく寂しい、影のある雰囲気を持っていると、見る人によってはそれがミステリアスに映ります。

ミステリアスで憂いのある表情や雰囲気はときに人の心を惹きつけるので、本人にモテたいという気がなくても、自然と周囲の人が魅了されていく場合があります。

闇が深い人への接し方

普通に接する


闇が深い人といっても、何らかの原因で心に深い傷を持っている人というだけであって、別におかしな人なわけではありません。

腫れものに触るような扱いをすると、かえって相手からも警戒されてしまう可能性があります。職場や学校などに闇を感じさせるような人がいても、他の人と同じように接すれば良いだけです。

根気よく接する


闇が深い人と友人や恋人など近しい関係になりたい場合は、すぐに心を開いてもらおうと考えるのでなく、時間をかけて接する必要があります。

闇が深い人は簡単に人に心を開くことはせず、この人なら信じられるかもしれないと思う人にだけ本当のことを話します。

そのため、闇が深い人に心を開いてほしいときは、相手を裏切るようなこと(嘘、隠し事)をせず、自分を信じてほしいと少しずつアピールすることが大切です。

適度に距離を置く


感受性や共感性が強い人は、闇が深い人と一緒にいると自分までネガティブな気持ちになってしまうことがあります。そのような場合は、なるべく闇が深い人と距離を置くようにします。

闇が深い人がネガティブな話をしてきたら話題をそらしたり、付き合いきれないときは距離を置くなど、闇が深い人の雰囲気やペースに流されないようにする必要があります。

心の闇を克服するには時間がかかる


心の闇は誰もが少なからず抱えているものですが、深い闇を感じさせる、自覚するほどの気持ちは急に晴らせるものではありません。

そして心の闇が深いこと自体は悪いことではなく、闇は消そうとして消えるものではないので、時間をかけて受け止める気持ちを持てるようになることが大切です。

時間の経過が傷を癒すこともあれば、何かに挑戦して心の闇を克服することもできます。心の闇は、捉え様によってはより強い心を持った人に成長できるきっかけにつながります。

スポンサーリンク