過去の夢は、現在の自分の心を反映する夢です。過去の夢で印象的であった事柄から、自分の現在の心理状態が理解できます。




過去の夢を見る意味は?


過去の夢を見る意味は、過去に戻りたい気持ち、もしくは過去のトラウマを整理する意味があります。過去に戻りたいというのは、幸せだったころの記憶を思い出して嫌なことを忘れ、現実逃避している状態です。

また、過去の嫌なことやトラウマを思い出す夢は、夢を見ている最中は苦しいと思いますが、目覚めたときに「夢で良かった」とほっとすることはないでしょうか。トラウマを思い出すのは、「辛い出来事は、すでに過去のものである」と今のあなたに教えるために見せているものです。

過去の嫌なことを繰り返し夢で見る場合は、あなたの中にまだ納得できない、苦しい、悲しいなどの不満が残っており、過去と現在の気持ちが混同していることを表しています。繰り返し過去の悪夢を見る意味を理解し、時間をかけて「今は今、過去は過去」と現在と過去の区別が付くようになると、それ以降嫌な夢を見なくなる人もいます。




人に関係する過去の夢

昔の友人・知人

昔の友人が出てくる夢は、明るい印象の夢であればもう一度その友人に会いたいという思い、もしくは昔の友人のような親しい関係になれる相手を求めていることを意味します。

暗い印象の夢であれば、今の人間関係で何かしらストレスや問題を抱えていたり、昔の友人のように親しく人と付き合っていくにはどうすれば良いか考えている心の表れです。

昔の恋人

昔の恋人と仲良くする夢は、まだ心のどこかで昔の恋人の存在を忘れられずにいることを表しています。冷たくされる、喧嘩するといった悪い印象の夢は、過去の恋人との思い出を忘れ、新しい恋愛に向かっていこうとする前向きな姿勢を意味します。

亡くなった人

亡くなった人の夢を見る場合、亡くなった人の誰であったかや、夢の中の印象で意味が変わってきます。

過去の自分が出てくる

過去の自分を客観的に見る夢は、現実と過去の区別を付けようとしていることを意味します。良い印象の夢であれば、「あの頃に戻りたい」と思う憧れや逃避感、嫌な夢であれば「あのときどうすれば良かったのか」といった後悔や、同じ過ちを繰り返さないように解決策を見出そうとしている心の表れです。

時間に関係する過去の夢

昔の時代の夢

古代・中世など昔にタイムスリップした夢は、その時代に関して興味を持っている気持ちを表す意味や、今後自分の身に起こること、警告・暗示などを意味していることがあります。

子供時代の夢

子供時代の夢で、親や祖父母などの家族が出てくる場合、子どもの頃に帰りたいという現実逃避の気持ちや、今抱えているトラブルや悩みを周りの人に解決してもらいたいという気持ちが表れています。

自分一人で孤独な気持ちが強く残る夢は、幼少期に十分に甘えられなかった寂しさなどのトラウマ、もしくは現在の自分が強い孤独感を抱えている心理状態を表します。

時計を見る夢

過去に持っていた古い時計の夢は、過去に戻ってやり直したい気持ちなど、何かを後悔している意味があります。時計が強く印象に残る夢の場合、今抱えている予定のスケジュールが計画通りに進むか心配する気持ちを表しています。

スポンサーリンク