繊細な性格の特徴は?

繊細とは、性格でいえば感情が細やかでデリケートであることを意味します。繊細な性格の人は優しすぎて傷付きやすい面を持っていますが、その繊細さを活かした特殊な職業に向いているといえます。今回は繊細な性格の人の特徴や向いている職業についてご紹介します。




繊細な性格の人の特徴

優しい


繊細な性格の長所といえば、繊細な人は人の気持ちに敏感なため、人に対して優しい態度を取る人が多い特徴があります。繊細な人は自分が相手にこんなことを言っても失礼にならないか、相手が嫌な気持ちにならないか考えてから発言するため、人に優しい印象を与えます。

ただし繊細な人は、優柔不断な面があり、何かに対して決断を迫られるとはっきりと選択できなかったり、人の気持ちを考え過ぎて言いたいことを言えずに我慢してしまう面も持っています。

傷付きやすい


繊細な人は他人の気持ちに敏感なため、人から悪口を言われるとそれに対して深く傷ついて引き摺ったり、自分が失敗したときにもひどく落ち込みやすい特徴があります。特に傷付いた表情や言葉を表に出す人は周囲の人がコミュニケーションに気を遣ったり、打たれ弱い人という印象を持たれます。

心配性


繊細な人は日常で普通の人が気付かないようなことにすぐ気が付く能力があるため、人や物事の良い面だけでなく、嫌な面にもすぐに気が付きます。普通の人が気付かない嫌な面を知ってしまう機会が多いと、繊細な人は優しい性格のため、ネガティブに物事を考えがちになってしまいます。
そのため繊細な人は「~だったらどうしよう、どうすれば良いんだろう」と色々な可能性や選択肢を思い浮かべがちです。

繊細な性格を改善する方法は?

自分の気持ちに素直になる


繊細な性格の人は、自分の考えよりも相手の考えを優先して行動する傾向があります。人の気持ちを思い遣ることは大切でもありますが、余りにも相手の意見ばかりを尊重して自分の本当の気持ちを抑え込んでいると、それがストレスになって心の病気を引き起こす可能性もあります。

繊細な性格の人は、時には自分の気持ちに素直になって、自分の意見をを正直に話したり、嫌だと思うことにははっきりNOと言う勇気を持つことも必要です。

繊細な人は自分の意見を貫き通すことで人から嫌われるのではと恐れる人もいますが、自分の意見を言わず周囲に同調していたとしても「あの人は八方美人だ」と言う人もいるわけで、結局は嫌われてしまうこともあります。

またどんな人の意見にも同調していると、自分がない人、何を考えているのか分からない人という印象を持たれがちなため、人から信頼されにくい面もあります。

「一人の敵も作らぬ人は、一人の友も作れない」という名言があるように、自分の本当の意見を口に出すことで、自分の本当の味方になってくれる人と良い関係を築くことができるようになります。

繊細な性格に向いている仕事は?


繊細な性格の人は感受性が強いため、感性の豊かさを活かした職業が適職だといえます。繊細な性格の人に向いている職業は、以下の職業が挙げられます。

・小説、脚本、絵画、イラスト、音楽、ファッションデザイナーなど芸術関連の職業
・医師、職人、技術者など手先の器用さを必要とする仕事
・カウンセラー、セラピストなど人の悩みの相談に乗る仕事

繊細な性格は素晴らしい心の持ち主です


繊細な性格の人は優しいため、人から何か批判的なことを言われても、つい自分を責めがちになってしまいます。繊細な性格の人は誰かに傷付くようなことを言われても、自分や相手の考え方が悪いと考えるよりも「そういう考え方の人もいる」という、自分と相手の気持ちを客観視する考え方をすると、心が軽くなります。

繊細な性格の人はその繊細を職業や趣味に活かせば、人より濃厚で充実した人生を送ることができます。そのためには周囲の意見や反応を恐れずに勇気を持って行動することも必要です。

繊細な性格の人は人がどう思うかでなく、自分の意見や考えで行動することで、自分の本当にやりたいことを見つけたり、自分を支えてくれる本当の味方に巡り会うこともできます。

スポンサーリンク