笑い上戸な人は明るい雰囲気があり人を寄せ付けるタイプでもありますが、場合によっては騒がしい、うざいと思われてしまうこともあります。

笑い上戸な人は面白くてモテる、または笑い上戸な人のムードメーカーのような雰囲気に憧れて、笑い上戸な人になりたいと思う人も存在します。

今回は笑い上戸な人の心理と、笑い上戸になる方法についてご紹介します。




笑い上戸とは?


笑い上戸(じょうご)とは、何かにつけてよく笑う人や、お酒に酔ったときに笑うクセがある人のことをいいます。

いつもニコニコしている人というよりは、事あるごとに大笑いするような人のことを笑い上戸といい、良く言えば陽気な印象があり、悪く言えば騒がしいタイプの人でもあります。

笑い上戸な人の心理

陽気で素直な性格


笑い上戸な人は感情を率直に表す素直さがあり、その陽気な性格にに惹かれて周囲に人が集まりやすいところがあります。

一方自分の気持ちを素直にさらけ出すことに抵抗を感じる人は、笑うのを我慢したり、ポーカーフェイスを貫こうとするところがあります。

ストレス解消

笑うことはストレスを減らすため、笑い上戸な人はストレスが溜まりにくい傾向があります。

笑い上戸な人は、しんどい状況でも面白いことがあれば笑顔になったりと、無意識であっても笑ってストレスを吹き飛ばせる面を持っています。

緊張を解く


お酒が入ると笑い上戸になる場合は、普段抱えている緊張を解くために笑っている可能性があります。

普段から我慢をすることが多かったり、自分の気持ちを素直に出せない人は、お酒が入ると理性や緊張感が緩み、今まで押さえている分の感情が笑い上戸となって出る場合があります。

注目されたい

大笑いしたり、机を叩くなどの行動を取る人は、周囲の人から注目されたい心理がある場合もあります。

大きな音を出すことによって、周囲の人は「何だ?」と思ってその人の近くに集まったり、話しかけてくれるので、わざとそのような行動をしていることもあります。

笑いのツボが多い・笑うことに良いイメージがある


笑い上戸な人は、普通の人に比べて面白く感じることが多いからこそよく笑います。そのような意味では、面白い物事を見つける視点やセンスに長けているといえます。

また、笑い上戸な人は笑いに対して良いイメージを抱いていると考えられます。

例えば自分が笑うことでその場の緊張した雰囲気が解けたり、雰囲気が明るくなった経験があれば、自分が笑えば皆も笑顔になってくれるという思いがあり、笑うことは良いことと肯定的なイメージを持つようになります。

笑い上戸になる方法

興味を持つ


笑い上戸な人は、無意識であっても笑いのネタを見つけるセンスを持っています。

そのため、笑い上戸になるには、日頃から身近な人に興味を持つ、流行に興味を持つなど、さまざまなことに興味を持つことをおすすめします。

自分の興味があることだけでなく、色々な話題に興味を持つことで、それだけ笑いのネタになる面白い情報を収集できますし、面白い話をしている人に気付いて話題に入り込むこともできます。

笑う習慣をつくる


笑い上戸になりたいと思う人は、おそらく日頃から人前であまり笑うことができず、笑い上戸な人や賑やかな雰囲気をうらやましいと感じているのではないでしょうか。

たしかに、笑顔が多い人と笑顔が少ない人がいれば、笑顔が多い人の方に人は集まりやすくなります。

それは、笑顔が多い人は人に安心感を与えるからです。笑顔が少ない人は表情から読み取れる情報が少なく、何を考えているのか分からないので、近寄りがたい雰囲気を持たれやすくなります。

そのため笑い上戸になるよりも、日頃から笑う習慣をつくることをおすすめします。

笑い上戸な人は、状況によっては不真面目、軽薄な人という印象を持たれてしまいますが、ニコニコしている人に悪い印象を抱く人はいません。

口角が上がっているか、下がっているかの違いで顔の印象は大きく変わります。

意識的に鏡の前で笑顔の練習をするなど笑顔のトレーニングをすることで、自然に笑顔になれる習慣が身に付いてきます。

自分の好きなことをする


笑い上戸になりたいと思う人は、今の自分に不満があったり、元々それほど自分が好きではないのではないでしょうか。

自分のことが好きになれない、不満があるのは、自分の思う通りに生きられないのが原因です。

転職したい、仕事を辞めたい、家族が嫌い、友人や恋人に不満がある、何となく生きているのが楽しくないなど、日常生活のあらゆる不満が重なると、それが「こんなネガティブなことばかり考えている自分は嫌だ」と自己嫌悪へとつながっていきます。

しかしこうした問題は、自分の気持ちのままに行動すれば解決できるものがほとんどです。人生を楽しめない人ほど、何かと理由付けや言い訳をして、何もせずに不満だけを言っている特徴があります。

仕事を辞めたければ、転職するための行動を起こしましょう。他人に不満があるなら、相手にそのことを指摘して話し合うか、離れて暮らすなど、なるべく関わらないようにしましょう。仕事以外の趣味ややりがいを見つけて、自分の人生を豊かにしましょう。

生きているのが楽しくないというのは、自ら幸せになるための努力をしない人が持つ発想です。

将来は今より良い暮らしをしている自分をイメージし、前向きに行動できる人は成功や失敗に関わらず、不満を抱えて生きる人より笑顔も多くなり、後悔の少ない人生を送ることができます。

笑い上戸は状況で印象が変わる

笑い上戸な人はその場の雰囲気を明るくするムードメーカーのような存在にもなりますが、真面目な雰囲気のときにも笑っていては周囲の人からうざい、ふざけていると思われてしまうこともあります。

笑い上戸な人はその場の空気を読めないと不真面目な人という印象を持たれてしまうので、ときには笑いを抑えることも必要だと心に留めておくのが無難です。

スポンサーリンク