職場や家族にいちいち物音がうるさい人はいませんか?扉や引き出しを乱暴に閉める、タイピングの音が大きい、ペンを鳴らす、貧乏ゆすりをするなど、身近にそういった人がいると、周囲の人もストレスが溜まるようになります。

今回は生活音がうるさい人の心理や、物音を気にしない方法をご紹介します。




生活音・物音がうるさい人の特徴

自己中心的


生活音・物音がうるさい人は周りに配慮できない自己中心的な性格です。

周囲に配慮できる人はうるさい音を立てないようにしようと気にかけますが、物音がうるさい人はそういうことは考えず、自分の気持ちだけで行動しているので気にせず物音を立てます。

自己中心的な人の中には普段から足音が大きい、声が大きいなど動作がうるさい人がいますが、本人にとってはいつものことなので、うるさいという自覚がありません。

育ち


生活音・物音がうるさい人は、うるさい音を立てることを親に注意されなかった可能性があります。

親に教えられなかったとしても学校など公共の場所に行くうちに、うるさい音を立てるのは迷惑だと気付ける人もいますが、それに気付けなかった人は大人になってもうるさい物音を立てるようになります。

うるさい音を立てている自覚が本人にもなく悪気はないのでしょうが、周囲からは常識がない人、育ちが悪い人と思われてしまいます。

大雑把


生活音・物音がうるさい人は大雑把で、行動に雑な性格が表れています。引き出しや扉を乱暴に閉めたり、物を乱暴に置いたり、物を使ったら使いっぱなしというように、だらしない印象があります。

行動が雑な人はそのときの思い付きで行動していることが多く、1つのことを片付けてから次のことを始めることができません。

あれこれ手を付けてほったらかしにするので、仕事机など普段使っている場所が整然としていない、汚い傾向があります。

音を立てるクセがある


ペンを鳴らす、机を爪でたたくなどの行動は、その人のクセです。クセで物音を立てる人は考え事をしているときなどに、無意識に音を立てています。

クセには特に意味がないものもあれば、無意識にストレス発散のためにやっているものもあり、本人も原因を自覚していなかったり、クセなので音を立てていること自体に気付いていないことがほとんどです。

生活音・物音がうるさい人の心理

存在感のアピール


生活音・物音がうるさい人は、物音を立てて自分の存在感を周囲にアピールしたい心理があります。

自分が目立ちたい、自分を大きく見せたいなど理由は色々ありますが、周囲の人にとっては迷惑でしかありません。自分のことしか考えられない自己中心的なところが、こういった心理に表れています。

ストレス発散・気持ちを伝えたい


生活音・物音がうるさい人の中には、イライラしているときに物音が大きくなる人がいます。

これは物に当たることで自分のストレスを発散したい心理の表れです。物音がうるさい人は周りに人がいようと構わず、物に当たり散らします。

また、喧嘩をしたときに物を投げる、扉を乱暴に閉めるなど、怒っているときに物音がうるさい人は、相手に怒っている自分の気持ちを伝える意味があります。

プライドが高い、言葉で説明するのが苦手などの理由から、物音をうるさく立てて相手に自分の気持ちを伝えようとしています。

うるさい音を気にしない方法

耳栓をする


自分でできる方法としては、耳栓をするのが効果的です。人の話が聞こえなくなるのが嫌であれば、完全に耳栓をせず少し外す、片耳だけ耳栓をする、耳栓を短く切って隙間を作ることで人の話し声が聞こえます。

耳栓以外にはパーテーションを立てる、本や資料を積み上げるなど物音がうるさい人との間に仕切りを立てることで、ある程度物音をシャットアウトする効果があります。

うるさい音に慣れる


物音がうるさい人を避けられない場合は、うるさい音を異質なものと考えるのでなく、そういうものだと思うことで物音が気にならなくなっていきます。

静かなのが当たり前、うるさい人を静かにさせたいという気持ちがあると、その気持ちに捉われてますます物音が気になるようになります。

例えば幼稚園や公園に行って子供がうるさくしていても、子どもにいちいちイライラすることはあまりないと思います。それは、子どもはうるさいのが普通という観念があるためです。

その場所はうるさいのが普通だと思うか、もしくは物音が気にならなくなるくらい仕事に集中するなど、自分の考えを物音から逸らすことで物音が気にならなくなっていきます。

うるさいと言う


物音がうるさい人は、自分がうるさい音を出していることに自覚がありません。そのため、誰かに言われなければ自分がうるさい音を出していることに気付くことができません。

「うるさいので静かにしてください」と誰かに言われて、初めて自分の立てる物音を意識するようになります。うるさいと注意されて、本人に反省する気持ちがあればうるさい物音を立てないよう気を遣うようになります。

理由を聞いてみる


イライラしているときに物音がうるさい人の場合は、何を怒っているのか理由を聞いてみると、物音を立てる理由を話してくれるかもしれません。

物音を立てるのは相手に自分の気持ちを察してほしい心理があるので、「話してくれなければ何もわからない」と尋ねることで、物音を立てるのを止めて理由を話してくれるようになります。

病気の可能性


自分以外の周囲の人の生活音が全て気になる場合は、元々自分が音に神経質な性格である可能性があります。

音がうるさくて仕事、家事などに集中できない、外に出たくなくなるなど日常生活に支障が出る場合は、聴覚過敏になっている可能性もあります。

もしくは難聴など耳の病気にかかっている可能性もあるので、一度病院に相談した方が良いでしょう。

精神的なものか、耳の病気なのか分からなくても、耳鼻科に相談してみると原因が分かります。精神的なものが原因であれば、心療内科に相談してみましょう。

別の原因を考える


ある特定の人が出す物音が気になる場合、物音が気になるというよりは、元々その人のことを嫌っている可能性があります。

例えば子供が遊ぶ声をうるさいと感じる人は元々子ども嫌いであったりしますが、子どもが好きな人は子どもがうるさくしていても、賑やかでいいというように、捉え方は正反対になります。

つまり、物音を立てている人が嫌いな場合は、嫌いな人が物音を立てることで、その人のことを意識してしまうので嫌な気分になっている可能性があります。

相手が元々嫌いな場合はなるべく関わらないようにするか、職場の場合は物音がうるさいと上司に相談して席を替えてもらうなど、距離を置くことでストレスを減らせます。

責任者に相談する


会社であれば上司、公共スペースであればスタッフや責任者に「うるさい音を立てる人がいて迷惑している」ことを伝えましょう。

会社であれば、「業務に集中できない」とも言っておきましょう。業務に差支えるなら物音がうるさい人から席を離す、別室に移すなど、場所替えをしてもらえるかもしれません。

お店、マンションなどの公共スペースであれば、責任者が物音がうるさい人に注意してくれるか、お店であれば席を替えてもらうなど配慮してもらえます。

生活音・物音がうるさく感じるときは相談しよう

物音があまりにうるさい場合は周囲の人も迷惑しているはずなので、職場の場合はうるさい人の近くにいる人にも事情を話をしてみて、一緒に上司に相談してみると対策してもらいやすくなります。

他の人は気にしていないのに自分だけ物音が気になる場合は、自分が神経質な可能性もあります。ストレスで生活に支障が出る場合は、病院に相談してみましょう。

スポンサーリンク