毒親、毒親に育てられた人には似たような特徴があります。また自分の親が毒親であることを自覚している人は、毒親に仕返しや復讐したいという気持ちが生まれると思います。そこで、毒親に対する対処法についても詳しくご紹介します。




毒親とは?


親子は、人によって全く関係が異なります。普通の親子は親と子が愛情と信頼関係を持って接していますが、毒親と子の場合は、親子が主従関係で成り立っています。

そして、毒親と子の主従関係には愛情というものがありません。親のエゴによって子どもが支配されている状態です。会社で例えれば、パワハラの関係です。

パワハラであれば会社に訴えることもできますが、親子の関係となるとそうもいきません。

現在の日本の法律は、家庭内の事情には関与しないという姿勢を取っているので、家庭内の問題に第三者が関わる場合、心療内科、児童相談所などを間に挟んで解決していくしか方法がありません。

また、自分の親が毒親であることに気付かない人も多く、社会人となって生きにくさを感じて心療内科で診察を受けたところ、親が毒親であることに気付くケースが増えています。

毒親の元で育つとなぜ生きにくさを感じるのか?


毒親のことを知らない人は「なぜ毒親の元で育った人が、親以外の人を信じられなくなるのか分からない」と言います。

親は、子どもが生まれて初めて接する人間です。本来であれば子どもは親から愛情を受けて成長し、互いに信頼関係を結んでいくようになります。

しかし毒親は、子どもを一人の人間として見ることができません。残酷ですが、自分の言うことを聞く人形のように思っているところがあります。

ですから子どもが自分の言うことを聞かないと、暴力を振るったり、脅したりして強制的に言うことを聞かせます。

つまり、毒親と子の関係には、愛情も信頼関係もないのです。

本来愛情をもらい、信頼関係を築くという経験を毒親の元で育った子どもはできなかったため、学校や会社に行くようになると、どのように人間関係を築けば良いのか分からず、本人も原因が分からず自分を責めて苦しむことになります。

毒親の特徴

自分の親が毒親かもしれないと思った場合は、当てはまるものについてチェックしてみてください。以下の項目で半分以上に該当すると、毒親である可能性があります。

  1. 命令口調の話し方をする
  2. 「これくらいでは世の中を渡っていけない」、「もっと努力しろ」などプレッシャーをかける言葉を使う
  3. 「育てるのにいくらかかった」など子どもにお金の話をする
  4. 「育ててやったんだから、老後は介護しろ」など感謝や見返りを求めてくる
  5. 「言うことを聞かないなら、親子の縁を切る」など、脅し言葉を使う
  6. 勉強、習い事などで常に完璧を求めてくる
  7. その日の気分で子どもに対する態度が変わりやすい
  8. 親がヒステリック、感情の起伏が激しい面を持っている
  9. 子どもの目の前で夫婦喧嘩する、または互いの悪口を言う
  10. 「恥ずかしいから大人しくしなさい」など、世間体を気にする言葉をよく言う
  11. 親が家族とそうでない人への態度が違う(外面が良い)
  12. 冗談を言い合えないなど、家庭内の雰囲気に緊張感がある
  13. 子どもの意見を聞き入れない、習い事などやりたくないことを強制する
  14. 子どもの好きなものを認めない
  15. 子どもの話を聞かずに一方的に話す
  16. 子どもに共感しない、子どもが不安を抱えていても理解しようとしない
  17. 自分の言うことが正しいと信じて疑わないところがある
  18. 理由を言わずに突然子どもを怒鳴る、何かを禁止する
  19. 誕生日、クリスマスなど記念日のイベントを無視する
  20. 体罰、暴力で子どもを大人しくさせる
  21. 子どもの外見や性格の悪口を言う
  22. 子どもの髪型や服装について厳しく指摘する
  23. 子どもの間違いばかりに気付いて注意する、褒めない
  24. 友人、恋人関係など子どものプライベートを詮索する、口出しする
  25. 学校や会社のことについて色々聞いてくる
  26. 子どもの部屋に勝手に入る、日記や携帯を勝手に読む
  27. 子どもの人生を支配しようとする、親元から離そうとしない
  28. 子どもの成長に必要な衣食住の場を与えない
  29. 親族に精神疾患や依存症を抱えている人がいる
  30. 親の親(祖父母)が親に虐待をしていた

毒親に育てられた人の特徴

毒親に育てられた人の特徴を示すチェックリストです。以下の項目で半分以上当てはまる場合、毒親に育てられた可能性があります。

  1. 気分が移り変わりやすい、喜怒哀楽が激しい
  2. うつ病、摂食障害、何らかの依存症を発症している
  3. 自傷行為をしている
  4. 完璧主義な面がある、常にプレッシャーを感じている
  5. 親、他人と接するときに不安や緊張を感じやすい
  6. ストレスを感じやすく、疲れやすい
  7. 人の目が気になる、人の目を気にしないようにすることができない
  8. 他人から嫌われるのが怖い、八方美人になる
  9. 他人に警戒心を抱く、心を開けない
  10. 人間関係に悩みやすい
  11. 人間関係がうまくいかず、転職を繰り返す
  12. 異性と交際することが難しいと感じる
  13. 自分に自信がない、他人を見ると劣等感を感じる
  14. 友人や恋人であっても、他人を信用できない、嫉妬深くなる
  15. 人に暴力を振るう、暴言を吐くことがある
  16. 親といると気を遣う、「良い子」を演じる
  17. 親のことを考えると「介護しなければならない」など義務感を感じる
  18. 本当は親から解放されたいと思っているが、罪悪感があるので離れられない
  19. 親に復讐したい、絶縁したいという思いがあり、恨んでいる
  20. 親のようにはなりたくない、容姿や性格が親に似るのは嫌だと感じる
  21. 子どもとどう接して良いか分からない、子どもを見ると自分の幼少期を思い出す
  22. 子どもを持つことに抵抗感を感じる
  23. 自分の育った環境は恵まれていないと感じる、そのせいで今不幸になっていると感じる
  24. 友人や恋人の話に共感できない、自分は他の人とは違う人間のように感じる
  25. 世間の常識と自分の考えに「ずれ」を感じることがある
  26. 自分のやりたいことが分からない、自分で自分の人生を決めることができない

毒親に対する対処法

自分の親が毒親だと理解する


毒親に育てられた人は、学校や会社で人間関係に苦しんで不登校や転職を繰り返すなど、平穏な生活を維持するのが困難になりやすい傾向があります。

すると、周囲の人からは「我慢が足りない」「我がまま」などと言われたりして、本人も自分が悪いと責めてしまうところがあります。

しかし毒親に育てられた人の場合は、育ってきた環境のせいで人間関係がうまくいかないという原因があります。

ですから、毒親に育てられた人は自分だけが悪いのではなく、原因は親にもあります。

自分だけが悪いと思い込むと精神を病んでしまうので、「私は親のせいで人生がうまくいかなかったんだ」と理解することで、毒親から受けてきた洗脳に気付くことができます。

親は変わらないことを理解する


自分の親が毒親であると分かると、親に毒親であることを理解してもらいたい、自分に対する態度を改めてほしいと思って、親を変えたいと思うかもしれません。

しかし、毒親はそのままの考え方で何十年も生きて来た人ですから、そう簡単には変わりません。

親に「あなたは毒親です」といっても、「今まで育てた親に対して毒親とは何だ!」というように反論されてしまうことがほとんどです。

もしかしたら時が経って、親も自分のしてきた過ちに気付くかもしれません。

ですが、親を変えようとするよりも、まずは毒親に対する自分の気持ちの整理の付け方として、「毒親は変わらない」という前提を持ち、自分の対応の仕方を変えて行くのが先です。

親と物理的に離れる


自分の親が毒親だと分かっていても、何となく大人になっても親から離れられない人がいます。

これは、親が子どもの人生を何でも決めてきたり、子どもの意見を尊重しなかったことによって、子どもが大人になっても自分がどう生きて行けば良いか分からないからです。

今まで親の意見に従って生きて来たので、大人になっても親から離れられなくなります。親と子が互いに依存し合う、共依存ともいいますが、これは一種の洗脳です。

俗に言うマザコン、ファザコンなど親から離れられない関係も、本当は子どもが親を好きではなく、親にストレスを感じている場合は、親が毒親で子どもを支配していることから起こるものです。

このような関係を断つには、物理的に親と子が離れる必要があります。つまり、別居するということです。

心療内科で相談すると、医師から親と離れて暮らすように言われる場合もあります。それほど、親と距離を置くことは大切なことです。

物理的な距離を持つと、親の支配が届かなくなるので、子どもは自分と親の関係を冷静に見つめ直すことができます。

毒親を介護する義務はない


日本では「老後の親の面倒は子どもが見る」という習慣がありますが、それは一般の家庭にのみ当てはまるものであって、毒親の場合は例外です。

そもそも毒親は子供が健康的に育つ環境を与えられなかった時点で、親として失格です。そのような人は「人の親」ではなく、ただ子どもを産んだ人間であるだけです。

子どもの人権を尊重できないような人間は、子どもから感謝されない、介護されなくても仕方のない人間です。

親も親で色々問題を抱えているのかもしれませんが、それを子どもに八つ当たりのようにぶつけていい道理はどこにもありません。

もし面倒を見ないことに対して他人から「親不孝」と言われたとしても、その言葉は一般の家庭で育てられた人に当てはまるものです。

毒親に育てられた人の事情を理解している人は、簡単に親不孝などという言葉を使いません。

理解のない言葉を言ってくる人に対しては、事情を知らない人、世間知らずな人だと思って、真に受けず聞き流すのが対処法です。

日本は高齢者への福祉を優遇する国のため、子どもが親の面倒を見なくても、国から老後のサポートを受けられます。

ですから、毒親の老後については自分は知らない、面倒も見ないという考えも許されることを理解してください。

心療内科に相談する


自分の親が毒親で生きにくさを感じている場合、心療内科を受診することをおすすめします。心療内科は人間関係のトラブルに対する専門のプロです。

心療内科でカウンセリングを受けることによって自分の心がどのような状態が分かり、これからどう生きて行けば良いのか相談をすることができます。

自分の家庭の事情を知っている人が、第三者の中にいるというだけでも心の支えになります。

家庭の事情は一人で抱え込まず、相談機関に足を運んで、様々な人から助けを受けることも必要です。

毒親を許さなくても良い


毒親と子どもが距離を置くことで、親の方が自分のしてきた過ちに気付き、謝罪してくる場合もあります。

しかし、その謝罪は実は子どもの同情心を煽って、自分の元に取り戻したいという気持ちが含まれている場合があります。

また、謝罪されても過去の時間が返ってくる訳ではないので、子どもからしてみれば「今更何もかも遅い」と思う気持ちになると思います。

それもその通りで、よく考えてみれば、子どもの人生を狂わせて、謝れば済むと思っているような人間は、親といえど信用ならない人間です。

人の人生を狂わせ、そのことによって子どもが現在も精神的苦痛を感じるなど、親が他人であれば裁判沙汰になってもおかしくないことです。

また、本当に親が心から申し訳ないと思っている場合でも、子どもが親を許さないことによって、親も自分のしてきた過ちの深さに気付かされると思います。

親を許せない場合は親が謝罪してきても、親を反省させるため、親の本心(本当に申し訳ないと思っているのか)を知るためにも、すぐに許す必要はありません。毒親は、自分が心から許せるようになるまで許す必要はありません。

毒親に仕返しはしない


今まで親のせいで人生がうまくいかなかったんだと思うと、親に対しての怒りや恨みの念が湧いて来ると思います。

そうすると、自分が親にされてきたことと同じことを、親に対して仕返ししたくなるかもしれません。

しかし、親と同じように仕返しをした子どもの姿は、親と全く同じ姿になります。顔付きや話し方、生き方まで似て来るようになります。

そして、仕返しとはいえ憎んでいる親と同じことをするのは、親の呪縛を抜け切れていない心の表れでもあります。

毒親のように自分の子どもを大切にできない、人格が欠落している人は、わざわざ子どもが何か仕返しをしなくても勝手に不幸になっていきます。

そして毒親の末路に待っているのは、病気になっても看病してくれる家族もいない寂しさ、孤独死などの不幸です。

毒親への復讐は幸せになること


毒親に復讐するのであれば、親と正反対の人生を歩む、つまり親より幸せになることが最大の復讐となります。

結婚したら親よりも幸せな夫婦関係を築く、子どもを大切にする、今まで親に制限されてできなかったことをやってみるというように、親を反面教師にして生きれば、親と過ごした時間は取り戻せなくても、幸せは自分の行動次第で後からいくらでも手にすることができます。

不遇な環境で育つと、「自分はこんな幸せになって良いのか」という気持ちが起こるかもしれません。しかし、毒親に育てられた人は今まで幸せや自由を知らなかった分、普通の人よりも幸せになる権利があります。

今まで味わえなかった分の幸福も受け取っているんだというくらいの気持ちで、幸せな時間を思い切り楽しんでください。

毒親への一番の対処は距離を置くこと


毒親の特徴と対処法についてご紹介しました。今まで自分の親が毒親であることを知らなかった人は、親が毒親であること、自分が毒親に育てられたことを認めたくない気持ちもあると思います。

しかし、少しずつでも良いので、毒親とまで言わなかったとしても、親は自分とは相性の合わない人間である、ということを理解することが大切です。

親子であっても互いに一人の人間なので、親と性格や考え方が合わないことはおかしなことでも、悪いことでもありません。

そして、親とは徐々に距離を置き、関係を薄くしていくことが毒親の呪縛を逃れる第一歩でもあります。

スポンサーリンク