本当に優しい男性・女性の特徴は?

優しい言葉を言う人は世の中にはたくさんいます。しかし、本当に優しい人を見分けるのはなかなか難しいことです。そこで今回は本当に優しい人が見せる態度の特徴についてご紹介します。




悪口や愚痴を言わない


本当に優しい人間は、悪口や愚痴などのネガティブな言葉を言いません。誰かに愚痴を言われて「大変だね」「頑張っているんだね」と言うことはあっても、悪口や愚痴に同調することもありません。

また、どんなに優しい印象を持っていても人の悪口や愚痴を言う人は本当に優しい人とは言えません。悪口や愚痴は、言えば言うほどその人の心が汚くなり、周りの人にも良い印象を持たれなくなります。

優しくない人は周りの人からも見放されることでますます心が荒むため、更に悪口や愚痴を言い続ける悪循環に陥っているのです。

相手の気持ちを考えて行動する


本当に優しい人は、相手の立場に立って物事を考えることができます。本当に優しい人は、誰かと話しをするときも自分の気持ちばかりで発言せず、相手の気持ちも考えながら話すことができます。

人はそのときの自分の感情で、周りの人に対して不機嫌な態度を取ったり、嬉しいときには優しくできるようになるなど、自分勝手な面を持っています。

しかし本当に優しい人はそのときの気分で相手とコミュニケーションを取らないように配慮しているため、たとえイライラするようなトラブルを抱えているとしても、いつでも平常心で相手とコミュニケーションを取っているように振る舞うことができます。

平等に接する


本当に優しい人は、人を上下関係や損得勘定で判断しません。そのため本当に優しい人は、自分より立場が弱いと思う人にも偉そうな態度を取りません。

いくら自分だけに優しい人がいても、自分より目下の人に対して横柄な態度を取るようであれば、その人は本当に優しい人とはいえません。本当に優しい人かどうか判断しやすいのは、店員さんに対する態度が一番分かりやすいです。

本当に優しい人であれば、店員さんに対しても偉そうな態度を取りませんし、店員さんが何かミスをしたとしても、ムキになって怒ったりするようなことはしません。

例えば飲食店で店員さんがテーブルに飲み物を零してしまったとしても怒ったりせず、一緒にテーブルを拭いたり出来るような人は、本当に優しい人だということができます。

人を助ける


本当に優しい人は目の前で困っている人や、トラブルに巻き込まれている人を助けます。病気の人がいれば病院に連れて行ったりおかゆを作ったり、薬を飲ませたりと看病してくれますが、優しくない人は自分に移さないでほしいと考えるため、看病するどころか病気の人に近寄ったりしません。

普段どんなに優しくても、自分に害が及ぶかもしれない状態になると助けてくれない人は、本当に優しい人ということはできません。

同性の友達が多い


本当に優しい人は、同性の人からも信頼されており、友達が多い傾向があります。人は仕事の都合があれば別ですが、プライベートで嫌いな人とわざわざ仲良くしようと思う人は少ないです。

その人について何人かに話を訊いて、あまり良い話を聞かない場合は、たとえ取り巻きがいたとしても、本当はたくさんの人に嫌われている可能性があります。本当に優しい人は、性別を問わず自然と周りに人が集まってきます。

子供に好かれる


本当に優しい人は子供に好かれやすい特徴があります。子供は人の気持ちに敏感で、上辺だけの優しさはすぐに見抜きます。子供は嘘の優しさだと気付いた瞬間から、その人を警戒するようになります。本当に優しい人は、子供がどんどんなついて引っ付くようになります。

ただし本当に優しい人だったとしても、子供が苦手だったり、何らかのトラウマで恐怖心がある人の場合は、子供の方がその気持ちを感じ取って近付かない可能性もあるので、子供になつかれない人だからといって本当に優しくない人だと判断するのは難しいです。

行動力がある


本当に優しい人は、行動力があります。言葉で優しいことを言う人はたくさんいますが、優しい言葉をすぐに口に出す人ほど上辺だけの優しさである可能性が高いです。

言葉で優しさを語る人は、「自分は優しい人です」と周りの人にアピールするために優しい態度を取っている可能性があります。

本当に優しい人は、言葉でなく行動に優しさが表れています。日常でマナーを守ることも優しさのひとつです。ふとしたときに他人を気遣える人も、本当に優しいからこそ、すぐに人に気を配ることができるといえます。

そうした人は優しさをアピールしているつもりもなく人を気遣えるのですから、本当に優しいということができます。

人を叱れる


本当に優しい人は、ときには人をしっかり叱ることができます。人が間違ったことをしていても指摘しない人は優しい人なのではなく、ただ人に対して甘い人間か、自分が嫌われたくないために叱らないのです。

相手のことよりも自分のことを考えている人は、本当に優しい人ということはできません。本当に優しい人は、相手のためを思うからこそ、しっかり相手の間違いを指摘することができます。

優しく見える顔の特徴は?


本当に優しい人の特徴についてご紹介しましたが、優しく見える人には顔の特徴があります。優しく見える人は「たぬき顔」といわれる顔の特徴があります。

たぬき顔とは、顔のパーツの一つ一つが丸く、愛らしい印象を感じさせる顔のことです。たぬき顔は日本人に多い顔で、童顔で純粋な印象を与えるため、優しい人という印象を持たれやすい顔の特徴があります。

たぬき顔の人の目ははっきりとした二重まぶたか、タレ目で黒目が大きいのが特徴です。眉毛はくっきり書かずに自然な太めで、鼻は大きくて丸い形をしています。唇も女性の場合は派手な色の口紅を塗らずに、自然な淡いピンク色の唇であることが特徴です。

たぬき顔の人は、顔のパーツの丸みやナチュラルメイクの印象から優しさを感じやすい特徴があります。ただしたぬき顔の人が全て本当に優しい人という訳ではないので、本当に優しいかどうかは今までご紹介してきた特徴で見分ける必要があります。

本当に優しい人は相手のことも考えています


本当に優しい人の特徴についてご紹介しました。本当に優しい男性・女性は、常に自分のことだけでなく、相手のことも考えて行動しています。どんなときでも相手のことを思い遣れる人というのは、そう多くはありません。

本当に優しい人というのは、ある意味では天性の才能の持ち主ともいうことができます。「優しい人は損をする」という言葉がありますが、長期的な目で見れば、目先の利益を考えて行動する人よりも、人の心を大切にできる人の方が、争いに巻き込まれず日々豊かな生活を送ることができるため、精神的幸福度の高い人生を送ることができるといえます。

スポンサーリンク