身近に文句ばかり言う人がいると、自分もストレスがたまってしまいます。余りに文句や不満が多いと何かの病気なのでは?と疑ってしまうこともあるかと思います。そこで、文句を言う人の特徴や考えられる病気、対処法についてご紹介していきます。




文句ばかり言う人の特徴

プライドが高い


文句ばかり言う人はプライドが高く、自分の考えに強い自信を持っています。自分の意見が正しいと信じて疑わないので、自分以外の意見が許せずに不満を言うことになります。そして、他人の意見がうまくいかなかった場合は、さらに不満や悪口を話すのもプライドが高いタイプの人の特徴です。

自己中心的

文句ばかり言う人は、基本的に自己中心的です。人のことを考えられる人は、人前で文句や不満を言うのはみっともないし、聞かされる方も迷惑だということを理解していますが、自己中心的な人はそういった気持ちがありません。自己中心的な人の場合、誰にでも文句や不満を話すので、なるべく付き合いを避けることが賢明です。

自己防衛


文句ばかり言う人は、そもそも自分が文句や不満を言うのは誰かのせいだと考えている場合があります。他人のせいにするタイプの人は、人の意見に振り回されやすく、自分に自信がない人です。そういった自分の弱い面と向き合おうとせず、弱い部分を隠すために、何でも人のせいにして文句や不満を言う心理があります。

安心感がほしい

職場などで人の悪口や文句を言いふらす人は、常に自分と他人を比較しているタイプの人です。人と自分を比較して、自分より幸せそうな人がそばにいると、嫉妬心からその人への不満や文句を言うことがあります。幸せそうな人の文句や悪口を言って相手を貶めることで、安心感が欲しいという心理があります。

自信がない


文句を言う人の中には、目上の人やものをはっきり言う人に対しては文句や不満を言えない場合があります。そういった人は自分に自信がないからです。自分に自信がなく文句を言う人は、自分より弱いと思っている相手を選んで文句を言っています。自分より弱いと思っている人に対して文句や不満の言葉で攻撃し、自分が優位に立ちたいという心理があります。

損得勘定が強い

物事を損得判断しやすい人の場合、自分が損をするような立場になると、途端に文句や不満を言うことがあります。自分が得することしか考えていない人は、普段から自己中心的な行動をしています。そのため結果的に誰からも助けられず、自分で何もかも解決できる能力がなければ損をしたり、不満が生まれやすくなる機会が巡って来やすくなります。

自己アピールの1つ


文句や不満を声高に話したり、不幸自慢のような話し方をする人は、文句や不満を言うことで自己アピールをしている場合もあります。文句を言って自己アピールする人は、寂しがり屋タイプの人です。優れた能力や特技がない、努力もできないので、文句や不満を言うことでしか人の気を引きつけることができません。

しかし、文句や不満を聞かされている方も段々嫌な気分になってくるので、いずれは人が離れて行ってしまい、さらに悪循環を生むことになります。

努力できない

文句や不満ばかり言う人は、努力しない人です。努力するタイプの人からすれば、文句があるなら自分も何か行動を起こすべきなのでは?と思いますが、そもそも努力しようという気持ちがないのです。また自分は実際に何もしていないのに、自分だってやればできると考えている嫉妬心があるため、不満や文句を言うこともあります。

文句ばかり言うのは病気?


文句を言うことが多い人は、何らかの精神疾患にかかっている可能性もあります。文句が多いことで考えられる病気は、うつ病や自己愛性人格障害です。

最近のうつ病では自分が嫌だと思うことに対して過剰なストレスを感じ、気分が落ち込んだり、文句が多くなるという症状があります。自己愛性人格障害は自己愛が強く、社交的なタイプであれば自慢話や愚痴、不満といった発言が多い特徴があります。自己愛性障害は生まれつきのものであったり、育ってきた環境が原因で発症するなど様々な原因があります。

文句ばかり言う人の対処法

距離を置く


文句ばかり言う人とは、距離を置くのが1番良い対処法です。仕事などどうしても付き合いのある人の場合は、仕事以外では一切関わらないようにするのが大切です。文句ばかり言う人は一度話し始めると止まらないので、文句を言い始めたら別の場所に移動したり、聴こえないように耳栓や音楽を聴くなども対処法になります。

文句や不満を聞き流す

文句や不満ばかり言う人の言葉を全て真に受けていると、聞いている方がストレスを溜めたり、病気になってしまいます。文句や不満ばかり言う人がいたら、話題を変えたり、言葉を聞き流すようにするのが大切です。

文句ばかり言う人は、自分の文句や不満を聞いてほしい、共感してほしいという気持ちがあるので、話を聞いてくれないと分かると、段々と向こうから離れて行ってくれます。文句に対して同意を求められた場合は曖昧な返事をするのも、聞き流す方法の1つです。

共感しない


文句ばかり言う人は負のエネルギーが強いので、相手の話を真に受けて聞いていると、自分も疲れてしまいます。できれば距離を取るのが賢明ですが、どうしても避けられない場合は「相手は相手、自分は自分」ということを忘れず、相手の言っていることに共感しないようにすることも必要です。

迷惑だと指摘する

文句を言う人は、自分が文句や不満を言っていることに気付いていない場合もあります。そのため、文句を言う人に対してきっぱり文句や不満を聞かされるのは疲れる、迷惑だと伝えることも対処法の1つです。

特に家族や身内、友人や恋人などプライベートな関係の人には、一度きっぱり話した方が関係が改善されることもあります。ただし、逆切れするタイプの人は迷惑だと指摘すると怒り出すこともあるので、距離を取るか聞き流す対処法の方がおすすめです。

文句には共感しないことが大切

文句ばかり言う人は自己中心的な人のため、親身になって付き合うと自分が相手のペースに巻き込まれてしまいます。文句ばかり言う人がそばにいるときは、なるべく文句そのものに共感せず、同じ空間にいないようにすることが対処法になります。

スポンサーリンク