楽観的な人と聞いて、あなたはどんなイメージを抱くでしょうか。楽観的な人は親しみやすくて好き、無責任だから嫌い、など楽観的な人に対する印象は人それぞれです。そして、仕事や恋愛では楽観的である方が、自分も周りの人も前向きに、明るい気持ちで過ごしやすくなるメリットがあります。そこで、楽観的な人になるためのヒントをいくつかご紹介します。




楽観的な人とは?


楽観的な人とは、物事を難しく考えず、何事も前向きに捉える人のことをいいます。楽観的な人と対照的なのが、悲観的な人です。悲観的な人は物事を難しく考えてしまい、くよくよ悩んだり、不安を抱えやすい特徴があります。

また、悲観的な人は楽観的な人に苦手意識を感じやすく、あまり関わりたくないと考えている場合もあります。それは自分とは対照的な物事の捉え方をしているため、相手のことがよく理解できないからです。

それは楽観的な人も同じで、悲観的な人が些細なことでも悩んでいる姿を見ると、「何であの人はあんなに悩むの?」「悩む時間があるならすぐに行動すれば良いのに」と悲観的な人が悩み続けることをよく理解できません。

悲観的な性格は悪いことばかりではありませんが、仕事や恋愛においては楽観的である方が、自分も周りの人も人間関係が円滑になり、明るく過ごしやすくなるメリットがあります。

楽観的になる方法

笑顔を心がける


悲観的な性格の人は日頃から悩みやストレスを抱え込みやすいので、笑顔が少ない特徴があります。楽観的な人はストレスがあっても笑顔で吹き飛ばす快活さを持っており、悩みを抱えていても笑顔が絶えません。

悲観的な人はまずは作り笑いでも良いので、日頃から笑顔を心がけることから始めてみてください。

競争しない


楽観的な人になるには、必要以上に他人にライバル心を抱かないことが大切です。特に負けず嫌いの人は仕事でも恋愛でも誰かに勝っていたい、自分が1番でありたいという人がいますが、競争心やライバル心は行き過ぎると結果的に自分を追い込むことになり、ネガティブ思考になってしまいます。

先のことを心配し過ぎない


ネガティブ思考な人は「もしこんなことが起きたらどうしよう」というように、まだ起きていないことに対して心配する傾向があります。心配すること自体は悪くありませんが、心配が行き過ぎると不安や恐怖感も増していきます。

心配性なところがある人は、「~が起きたらどうしよう」というような不安が起こっても、「起きてしまったら仕方ない」というように発想を変えることで楽観的な思考へ変えていくことができます。

ときには諦める


高い理想や目標を持って行動することは素晴らしいことですが、理想と現実のギャップがあり過ぎると、そこからネガティブな気持ちが生まれやすくなります。

自分の人生はこうあるべき、というような気持ちは、ときに自分を苦しめることになります。理想への期待はほどほどにしておき、「最悪理想通りにならなくても、それはそれで良い」と考えられるくらい心の余裕を持てるようになること、物事の考え方が楽観的になっていきます。

完璧を目指さない


ネガティブ思考の人に多いのが、何事も完璧でなければならないという思い込みです。完璧を目指すこと自体は、向上心の強さでもあるので悪いことではありません。ただ完璧を目指す気持ちが強すぎると、常に心が緊張している状態になります。その結果自分や他人に対して必要以上に厳しくなったり、緊張の度合いが強い場合は精神を病むこともあります。

心の緊張感は表情や態度にも表れるので、周囲の人もピリピリとした気分を感じてストレスを感じやすくなり、悪循環につながります。何事も過ぎたれば及ばざるが如しとなるので、ときには「まあ良いか」と思えるくらいの心の広さを持つことが、楽観的な思考につながります。

自分を受け入れる


楽観的な人は自分良いところだけでなく、悪いところも肯定的に捉えています。例えば頑固で融通が利かないという性格は、ポジティブに捉えると真面目で一途とも考えることができます。

悲観的な性格の人は悪いものは悪いという考え方しかしませんが、楽観的な人は無意識であっても、悪いと思われるような面も良い風に捉えるところがあります。

普段からそうした視点で物事を考えられるので、楽観的な人はトラブルが起きたときもパニックにならず、「だったらこうすれば良いんじゃない?」と別のアイデアや解決策をパッと思い付くことができます。

行動する


悲観的な性格の人は、楽観的な人よりも悩みや不安を抱えやすく、そして解決するための行動を起こすことが遅い特徴があります。悩み事が多いのは、それだけ起こるかもしれないリスクに着眼できるという点ではメリットですが、悩みごとを抱え込んでいるだけではストレスが溜まっていきます。

悲観的な人は新たな行動を起こすことにも不安を抱きやすいところがありますが、何もしなければその不安は最初のときよりもどんどん心の中で膨らんで行ってしまいます。

楽観的な人はそもそも悩み事はいくら考えても、結局は行動しなければ解決できないことを知っているので、アイデアが思い付いたらそれが成功するか失敗するかは関係なく、すぐに行動に移します。

健康管理をする


悲観的な性格の人は、自分のことを労わることができない人が多い傾向があります。食習慣に気を配らなかったり、無理して仕事を頑張ったり、仕事でも恋愛でも我慢することが多いのは悲観的な性格の人です。

食習慣のバランスが悪いと栄養不足になってさらに疲れやすくなったり、イライラする、落ち込むなど思考がネガティブになっていくので、どんなに忙しくても食事はしっかり取ることが大切です。

また、精神面でも楽観的な性格の人は自分を大切にしているので、自分にストレスが掛かるようなことはしません。仕事では体を壊してまで働き続けることはせず、疲れたら休息を取ったり、忙しすぎる会社なら転職を考えるなど「こんな仕事は嫌だ」とくよくよ悩む前に、すぐに行動に移します。

楽観的な人を参考にしてみよう

悲観的な性格の人は悩みを抱えやすいですが、その悩みを乗り越えたり解決することが上手になれば、楽観的な人にはない深みのある人間になれます。そして、悩みを克服するには楽観的な人の特徴を参考に、実際に行動に移してみることも大切です。

スポンサーリンク