職場でも学校でも、人の悪口を話のネタにする人は必ず一人はいます。悪口を言う人は、なぜ悪口を止められないのでしょうか。今回は、悪口を言う人の心理と対処法についてご紹介します。




悪口を言う人の心理は?


悪口を言う人には、誰かを貶めることで自分が優位な立場になりたいと考えています。悪口を言うことで、「あの人よりも自分の方がすごい」ということを周囲の人にアピールしています。

しかし誰かを貶めようと悪口を言う人は、優位になるどころか人の悪口を言う醜態を晒しているので、結局自分で周囲への評価を下げていることになります。しかし、悪口を言う人はそのことに気付きません。

悪口を言う人が職場や学校のボスのような存在だと、悪口に同調する取り巻きもいますが、そのような人達は、自分がターゲットにされたくない、悪口を言われたくないので悪口に同調していることがほとんどです。

悪口を言う人はグループを作りたい


悪口を言う人は誰かを敵に回すことで、悪口に同調した人達とグループを作りたいと考えています。悪口を言う人は、共通の敵を作ることでグループの結束力を高めようとする心理があります。

悪口を言う人に同調する人数が多い程、悪口を言う人も「自分の言っていることは正しい」と思い込むようになり、悪口がエスカレートして、いじめに発展する場合もあります。

悪口を言う人は相手が羨ましい


悪口を言う人は、相手に何か羨ましいと感じるものがあって、悪口を言う場合があります。そのような場合の悪口は、裏を返せば「私はあなたが羨ましくて仕方がありません」と言っているのと同じです。

また大人しい性格の人は反抗しないからといって悪口のターゲットにする人もいますが、その場合も本当は「大人しいのに平和にしていられるのが羨ましい」という考えを持っている場合があります。

悪口を言う人は自分に自信がないため、常に不安な心を持っています。そのため集団の中では特に、孤立することを嫌います。そうした心理から悪口を言う人は、人の悪口を言って自分のグループを作ります。

しかし悪口を言う人はグループを作っても、それが上辺だけの関係だと心のどこかでは分かっているので、不安が消えることはありません。それに対して大人しい人の中には一人でいても平気だったり、悪口にも同調しない人がいます。

そのような人を見ると、悪口を言う人は「なぜ自分はこんなに不安なのに、あの人は平気なのか」という嫉妬に似た感情や、自分には理解できない存在として恐怖心を持ち始めます。そうした心理から、悪口を言う人は、嫉妬や恐怖心を隠そうと大人しい人の悪口を言う場合があります。

大人しい人の特徴については、こちらの記事で詳しくご説明しています。
大人しい人は嫌われる?仕事や恋愛への影響は?

悪口を言う原因は?


悪口を言う人は傲慢で強気だったり、執念深い性格の人が多いことから、自分のことが好きで、自信に満ちているように思われるかもしれません。しかし悪口を言う人は、実は自分に自信がありません。

自信がないからこそ人の悪口を言って相手を貶めようとし、グループを作って、自分が安全な立場に身を置きたいと考えています。つまり悪口を言う人は、自分が仲間外れにされないかという不安や恐怖心から、人の悪口を言っていることになります。

悪口を言うと顔が老ける?


人の顔は20代くらいまでは生まれつきの顔立ちをしていますが、30歳以降はその人の人生観や性格が反映される顔になるといわれています。その顔はどんなに化粧をしたり、笑顔を作っても取り繕うことができず、物事の考え方が目付きや顔の表情に表れるようになっていくと言われています。

普段から悪口などのネガティブな発言をする人は、顔が歪んで老けて見えやすくなると言われています。悪口を言う人に見られやすい顔の特徴は、不機嫌・冷たい表情をしている、眉間にしわがある、目に光がない、目付きが悪い、口角が下がってほうれい線が目立つなどの特徴があります。

悪口を言う人にこうした顔の特徴があるのは、悪口を言うときに使う筋肉の使い方が共通していたり、悪口を言ったときの脳への影響で顔付きが歪んで老けて見えるからだと言われています。

悪口を言うと脳が衰える?


悪口を言う人は、悪口を言うことでストレス発散しているように見えるかもしれません。しかし、悪口を言うとコルチゾールという物質が体内で増えていき、その状態が続くと脳が傷付き、心疾患、脳梗塞、うつ病、認知症などの病気に発展する場合があります。

悪口を言っている間はストレスを感じたことを脳内で繰り返していることになるので、悪口を言っている人の脳が自分自身に悪口を言っていると勘違いして、ストレスを感じるようになっています。ストレスを感じると脳にダメージがかかるため、それだけ脳や体が衰えやすくなっていくと言われています。

悪口を言う人への対処法は?

自分の悪口を言われた場合


自分の悪口を言われた場合は、その悪口を真に受けないことが大切です。悪口を言う人は自分に自信がないからこそ、人の悪口を言っています。いわば負け犬の遠吠えのようなものです。

悪口を言われたら、誰でも嫌な気持ちになります。しかし、悪口を言う人は価値観に歪みがあるので、まともな人間だと思わないことが大切です。まともな人ではないのですから、悪口を言われても同じ土俵に立たず、「そういう考え方をする人もいる」と考えて、なるべく同じ場所にいないようにするなど、距離を置くことが大切です。

悪口が酷い場合は職場の上司や社長、学校では担任やカウンセラーに相談して、一人で問題を抱え込まないようにしてください。誰にも相談できない場合は、ネットでカウンセラーに相談したり、無料の電話相談もできます。電話やネットの相談は名前を言いたくなければ言う必要がないので、職場や学校に相談する前に自分の悩みを相談したい人におすすめします。

人の悪口を言ってくる場合


職場や学校などで人の悪口を言ってくる人がいる場合、その悪口に同調しないことが大切です。自分が悪口のターゲットにされたくないからといって悪口に同調していると、周囲の人から見れば「悪口を言う人」と認識され、信用を失います。

もし人の悪口を話してきたときは、「私はその人のことをよく知らないので分からないです」「そうなんですね」というように悪口には同調せず、受け流す言葉を使うようにしていると、悪口を言う人も面白くないので、向こうから悪口を言って来なくなる場合もあります。

悪口を言われないようにするには?


悪口を言う人に悪口を言われないようにするには、悪口を言う人にとって無害な存在になることです。悪口を言う人は、自分が脅威だと感じる相手を悪口で攻撃します。

悪口を言う人が脅威だと感じやすい相手は、悪口を言う人よりも評価されている人や悪口を言う人に迷惑をかける人など、悪口を言う人を不安や不満にさせる人です。

悪口を言う人は自分の身の回りを、自分に取って平和な環境にしたいと思っているため、自分より評価されている人や足を引っ張る人がいると、自分の平和が奪われていると感じて悪口を言います。

反対に、悪口を言う人にとって無害な存在と認識されている人は、ほとんど悪口を言われません。ほとんど悪口を言われない人は悪口を言う人に性格や態度などで安心感を与えることができているので、敵対視されにくくなっています。

悪口を言われたくない場合は日頃から「私はあなたの敵ではありません」ということを言葉や態度でアピールしておくと、悪口を言われにくくなっていきます。

悪口を言う人は信頼されません


悪口を言う人は、誰からも信頼されることはありません。グループを作っていたとしても、元々ネガティブな影響で集まっているだけなので、そこに信頼関係はありません。そのためグループ内で揉め事が起こると、その関係は簡単に壊れます。

悪口を言い続ける人は自分の過ちに気付かないと、最終的には孤立していきます。職場や学校に悪口を言う人がいる場合は、悪口を言う人を変えようとせず、必要以上に関わらないようにし、悪口を言われた場合も真に受けずに流せるように対処することが大切です。

スポンサーリンク