最近では彼女と喧嘩をすると泣いてしまったり、困ったことがあると彼女に泣きつく彼氏が増えてきています。男性が女性の前で泣くということはあまりありませんが、彼女の前で泣いてしまう彼氏は、一体どんな気持ちで泣いているのでしょうか。今回は彼女の前で泣く男性の心理と対処法についてご紹介します。




彼氏が泣く理由と心理1:涙もろい性格だから


元々彼氏が涙もろい性格であると、嬉しいこと、悲しいことがある度に彼女の前でも泣いてしまう場合があります。涙もろい性格の場合は、彼女の前だけでなく、他の人の前でも泣いている可能性があります。

そのため彼女は、彼氏がよく泣くことは彼の性格だと思って受け止めることも必要です。どうしても人前で泣く彼氏のことが受け入れられない場合は、別れることも考えておいた方が良いでしょう。

彼氏が泣く理由と心理2:臆病である

彼氏が元々臆病な性格である場合、不安な気持ちになったときや、彼女が自分を好きでいてくれるか分からなくなったときなどにふと泣いてしまうことがあります。

男性は臆病な性格であっても、プライドがあるためにそれを認めることができない人が多く、さらに1人で悩みを抱え込みがちになることから、悩みが涙という形で表れる場合があります。

彼氏が泣く理由と心理3:自分を受け入れてもらいたい

彼女の前で泣く彼氏は、彼女に自分の弱い面も受け入れてもらいたい心理があります。男性は人前で弱さをさらけ出すことが好きではありません。しかし、自分の好きな相手、信頼している相手には本当の自分を知ってほしいという気持ちもあります。

彼女の方からすればいきなり泣かれても困るかもしれませんが、弱さをさらけ出すということは、それだけ彼女を信頼し、彼女のことが好きだという気持ちの表れでもあります。

彼氏が泣く理由と心理4:ストレスや悩みを抱えているから


普段泣く姿を見せない彼氏が彼女の前で泣いてしまった場合は、彼氏が仕事や家族などの人間関係で、何かしら悩みを抱えている可能性があります。女性は悩みがあると友人に相談したりしますが、男性の場合は悩みを1人で抱え込む傾向があります。彼女の前でふと泣いてしまうということは、それだけ彼女に心を許している証拠でもあります。

彼氏が理由も分からず泣いているときは、「何かあったの?」と彼女が相談に乗ることも大切です。相談に乗ることで、彼氏が自分が泣いている理由を教えてくれるかもしれません。何も言わずただ泣いている場合は、それ以上何も聞かずにそばにいてあげることも優しさの1つです。

ただし彼氏が長期間落ち込んでいたり、泣くことが治まらない場合はうつ病などの精神的な病気に発展している可能性があるので、心療内科や精神科へ行き、泣くことが増えたことを相談することも大切です。

彼氏が泣く理由と心理5:彼女と喧嘩したから

喧嘩をした後などに彼氏が彼女の前で泣く理由としては、喧嘩をしてしまった後悔だけでなく、彼女に嫌われたくない心理も含まれています。彼女にひどいことを言ってしまった場合には、「何であんなことを言ったんだろう」「彼女に嫌われたらどうしよう」という思いから、不安になって泣く彼氏も存在します。

彼女に嫌われたくない思いがある場合は、泣きながら彼女に謝ってくる場合もあります。男らしい男性が好きな方からしてみれば情けなく思える態度でもありますが、これからも関係を続けていきたいのであれば、彼氏が泣くのはそれだけ彼女が好きであることの表れだと思って、彼氏が泣くのを許す心も大切です。

彼氏が泣く理由と心理6:泣けば許されると思っている

自分の都合が悪くなったときに泣き始める彼氏というのは、我がままな性格の持ち主です。こういった男性は、子どもの頃から泣けば自分の願いや我がままを親や友人に聞き入れてもらえた経験から、泣けば自分の望みを相手が聞いてくれると思っている心理があります。

彼氏が泣くときの対処法1:彼氏を励ます・慰める


彼氏が涙もろい性格であることを別の言葉に言い変えるならば、人の気持ちに共感できる優しい性格だといえます。そう考えると、涙もろい彼氏が泣いていることを男らしくないとか、情けないと非難する気持ちはなくなるのではないでしょうか。

彼氏が何かに共感して泣いているときは、「優しいんだね」「思いやりがあるんだね」というように、泣くことは悪くないと彼女が受け入れることができれば、彼氏もより彼女を信頼してくれるようになります。

そして彼女が悲しんでいるときは、一緒になって悲しんだり、慰めてくれるかもしれません。もし彼氏が泣くことを止めるよう指摘した場合、彼氏から見ると彼女は冷たい人という印象を持つようになり、距離を置かれてしまう可能性もあります。

彼氏が泣くときの対処法2:泣く男は嫌だと伝える

たまに泣くのはまだ許せるとしても、いつも彼氏が困ったこと、不安なことがある度に泣きついてくるような場合は、彼女がはっきりと「泣く男は嫌だ」ということを伝えることも大切です。彼氏に泣くことは嫌だと伝えないと、彼氏も彼女の前では泣いても良いものだと思ってしまうようになり、その内に我がままを言うようになるかもしれません。

「いつまでも泣いているようなら別れる」くらいの気持ちを伝えれば、彼氏の方も「そこまで嫌だったんだ」と気付いて、泣くのを止めてくれるかもしれません。

彼氏が泣くときの対処法3:泣いても無駄だと分からせる


泣けば許されると思っているような彼氏の場合は、泣き始めたとしても、泣いていることについては無視して接するようにしてください。そして泣きながら我がままを言ってきたときも、情に流されるのではなく、話し合いで解決するようにしてください。

泣き止んでほしいからという理由で彼氏の言うことを聞いてしまうと、彼氏は「泣けば自分の願いを聞いてくれる」と思い込んで、どんどん彼女に依存していきます。ですから、彼氏の言うことに振り回されるのではなく、彼女が彼氏をリードするくらいの気持ちで接するようにしてください。彼氏が泣いても彼女が何も反応しなければ、彼氏も泣いても無駄だと分かるようになり、次第に泣くことを止めるようになります。

彼氏が泣くときの対処法4:全てを受け入れようとしない

彼氏が泣いていると、どうにかして慰めたいと思って、彼女が彼氏の全てを受け入れようとすることがあります。しかし、彼氏の全てを受け止める必要はありません。彼氏の全てを受け入れようとすると、今度は彼女の方にストレスが溜まってしまいます。

彼女が無理をしてまで彼氏のことを気にかけていると、次第に彼氏を受け入れるどころか、うっとうしいと感じるようになる気持ちが生まれてしまうこともあります。

彼女も自分が疲れているときや体調の悪いときには、きちんと事情を彼氏に話して、彼氏ばかりではなく、自分を労わることも大切です。どちらかが無理をする関係になると、いずれは喧嘩になり、別れ話に発展する可能性もあります。

彼氏が泣くのは信頼している証拠

彼氏が彼女の前で泣く、というのはそれだけ彼女に心を許している証拠でもあります。男性はプライドがあるため、あまり女性の前で泣くようなことはしません。涙を見せてくれるということは、彼女に弱い自分の面も受け入れてもらいたいという心理も含まれています。

彼氏が泣いているときはなるべく相談に乗ったり、そばにいてあげると、彼氏も彼女を信頼する気持ちが深まり、より良いカップルの関係を築くきっかけにつながります。

スポンサーリンク