威張る人の心理は?

仕事でも家庭でも、やたら人に対して偉そうな態度を取って威張る人は、どこにでも一人はいるものです。彼らはなぜ、人に対して威張る態度を取るのでしょうか。今回は、威張る人の心理や威張る人への対処法についてご説明します。




威張る人の心理はコンプレックスが原因


本当に自分に自信のある人は、人に対して威張るような態度を取りません。自信のある人は謙虚で礼儀も正しく、思い遣りがあるため人に対して優しい態度を取る人が多いです。

威張る人は一見自分を偉いと思っているように見えるかもしれませんが、実際はその態度が自信がないことの表れなのです。威張る人がどれほど地位や能力が高かったとしても、自信がないために周りの人に「自分はすごいんだぞ!」とアピールするように威張り散らします。

しかし威張る人はその態度で他人からの評価が下がり、周りから嫌われていくことに気が付かないのです。どれほどの地位や能力があったとしても、威張るという態度のせいで周りの人達が遠ざかっていってしまうので、更にひねくれて威張り散らすような悪循環に陥っている人も存在します。

実際は威張るのではなく謙虚に腰の低い態度で周りの人に接する方が、「この人はすごい人なのに、何て謙虚なんだ!」と更に好感を持たれやすくなりますし、ある意味相手に対して威圧感(オーラ)を感じさせることになります。

能力のある人は、威張るという余計なことをせず、ただ相手と普通に接するだけで良い筈なのに、威張る人はなぜか、そのことには気付かないのです。

威張る人は相手を選んでいる


威張る人は相手を選んで威張る特徴があり、自分より目下の人や、格下だと思う人に対して威張る態度を取ります。威張り散らされた人だけでなく周囲の人も人を選んで威張ることを知っていることが多いので、余計周りの人から嫌われやすくなってしまい、かえって自分の評判を下げていることに気付きません。

威張る人は目上の人や強い人には意見せず素直に従う特徴もあります。会社の人間関係で言うならば、上司の言うことには素直に従いますが、部下には暴言を吐いたりする人などのことです。

彼らがこうした態度を取るのは、自分を守るためです。強い相手に逆らえば自分が痛い目に遭うかもしれませんが、相手が弱ければ何をしても良いと思うような残酷な面を持っているのです。威張る人は、普通の人よりも相手の気持ちを考える能力に欠けているのが特徴です。

威張る人は心が弱い


威張る人は気が強そうに見えたり、残酷な面を持っていることから、ある意味何をしでかすか分からない不気味さを感じる人もいらっしゃるかもしれません。しかし、威張る人の心理的原因は自信のなさとご説明しました。

つまり威張る人は深層心理では、人から馬鹿にされたり、笑われることを極端に恐れているのです。また、威張る人は他人を信じることもできない傾向があります。

威張る人は、自分の周囲の人のことを「自分を攻撃してくる敵」と認識していることが多いです。これは、威張る人の家庭環境やいじめなど、過去の人生経験によって生まれた認識であることがほとんどです。

「攻撃は最大の防御」とも言いますが、威張る人は自分が周りを攻撃しなければ、いつ自分が攻撃されるか分からないために、周りに威張り散らします。

威張る人は劣等感が強い


威張る人は「本当の自分は劣っている」と感じる気持ちが普通の人より強いため、その反動で強気な態度や自信のあるような素振りを見せることがあります。

つまり威張る人は、自分自身の本当の気持ちが見えていないか、見えていたとしても、その気持ちを受け入れる心の強さがないということです。

このような心理を知っていれば、「威張る人は実は自信がない」ということのように、態度や表情など目に見えていることと、心の動きのように目に見えないものは、実は正反対であったりすることが分かるようになります。

威張る人と同じように、周りに八つ当たりする人も、心の中には不安、寂しさ、悲しさといったものを抱えていますが、それを自分で上手く解消する方法を知らないために、怒りという形で周りにぶつける行動を取ることしかできないのです。

威張る人は自分を大切にできていない


威張る人は一見自分を大切にしているように見えるかもしれませんが、実は自分自身のことを大切にしていません。自分を愛せず、自信がないからこそ、威張って自分の存在をアピールし、必要以上に大きく見せようとします。

ありのままの自分の価値を認めて、自分を大切にできる人は、威張り散らす必要などありません。弱い犬ほどよく吠えるといいう言葉がありますが、威張る人の中には過去に不幸な境遇にいたり、辛い経験をしている人もいます。

本来であれば自分が嫌な思いをしたら、周りの人には嫌だったことをしないのが人の道ですが、威張る人にはその道理が分からないか、分かっていたとしても心が弱いために自分の負の心に耐えられず、つい周りの人に威張り散らしてしまうのです。

威張る人がいるときは「何か過去に、威張らずにはいられないほど嫌なことがあったんだろう」と思うと、哀れむ気持ちも湧いてくるかと思います。

威張る人の特徴は?


威張る人の見た目の特徴は、人間的な強さや地位の高さをアピールするような特徴があります。ファッションではブランド物やアクセサリーをたくさん身に着けたり、化粧が濃かったりと、存在感の強さをアピールするような傾向があります。

これは威張る人が自分の弱い内面を悟られたくない、認めたくないために、自分を着飾って弱さを隠そうとしている心理があります。

威張る人の性格の特徴は強気で自信家のような態度を取る傾向がありますが、これは自信のなさの表れの場合があります。人は自分の本当の気持ちを受け入れたくないときに、気持ちとは正反対の行動を取る心理があります。これは威張る人に限らず誰にでも起こる心理であり、無意識に起こるもののため、本人は気付かないことがほとんどです。

威張る人の対処法は?


威張る人の心理についてご説明しましたが、威張らずにはいられないようなコンプレックスがあったとしても、威張って良い理由にはなりません。威張る人は自分の内面を隠すために相手を選んで威張ることから、自分が支配、コントロールできそうな相手だと見込んで威張る態度を取ります。威張って相手を怖気付かせることで、自分が強くなったような気持ちになるからです。

威張る人への対処法は、なるべく距離を置くことです。もし威張られたとしても、威張られたことに反応しないことです。相手が威張って何かをアピールしてきても、普通に会話はしても無感情で接するようにします。

相手を支配できない、コントロールもできないと分かってくると、威張る人は手も足も出なくなり、向こうから威張る態度を見せなくなるか、近寄らなくなってきます。大切なのは相手が強いか自分が強いかと弱肉強食の争いをするのではなく、「無」になることです。

威張る人は周りに自分の存在感をアピールしたいのですから、無感情の態度を取られると、それ以上どう接して良いのか分からなくなります。威張る人も次第にこの人に威張っても効果がない、無駄だ、と思うようになるため、次第に威張ることを止めていきます。

もし威張る人がしつこく食い下がってくる場合は、一度本気で「迷惑です」と伝えるような怒りの態度を見せるのも良いです。威張る人は予想外の反応を取られると、途端に臆病になる人が多いです。威張る人に恐怖感を感じさせると、それ以降はぱったり威張ることを止める場合もあります。

威張る人には無感情になろう


威張る人とぶつかり合っても、お互いに和解できるような良い結果にはなりにくいです。威張る人には無感情で接することで、「何かこの人、無反応だし、苦手だな」と思わせることができるので、無感情に接して相手から距離を置いてもらえるようになることが良い対処法です。

威張る人にカチンとくるようなことを言われたときも、修行だと思ってその場はやり過ごして反面教師にしていけば、あなた自身の人格を高めていく参考の対象になります。

スポンサーリンク