夫婦のどちらかが癇癪持ちで困っている、職場に癇癪持ちの人がいるというように、大人の癇癪に悩む人が増えています。

大人が癇癪を起こす場合は、その人の抱える心理に原因があったり、病気や発達障害の可能性もあります。

そこで癇癪持ちの人の特徴や治し方、癇癪持ちの人への対応方法についてご紹介します。




癇癪持ちとは?


癇癪持ちとは、怒りの感情を抑えることができず、一度怒り始めると我を忘れてしまう人の状態を指します。

癇癪持ちの人は怒ってからしばらくすると冷静になり、自分が怒って暴言を吐いたり、暴れたことに対して後悔することもあります。

ただし自分の気持ちをコントロールできないので、暴れては後悔するというように、何度も同じことを繰り返してしまいます。

癇癪持ちの人の特徴

感情をコントロールできない


子どもは脳が成長途中のため、自分の感情をまだ上手くコントロールできないこともあり、思い通りにならないと我がままを言ったり、癇癪を起こすこともあります。

大人になれば嫌なことがあってもそれをすぐに態度に出すことはしなくなりますが、癇癪持ちの人は大人になっても、自分にとって嫌なことや不快に感じることがあると、感情を抑えられず癇癪を起こします。

完璧主義


完璧主義の人は、何でも自分の思い通りにならないと気が済まないと思っているところがあります。そのため、少しでも予定が狂ったり、仕事や家事でミスがあるとイライラして癇癪を起こします。

癇癪を起こすタイプの完璧主義者は、自分以外の人にも完璧を押し付ける傾向があり、癇癪を起こすと八つ当たりされる可能性があるので注意が必要です。

内向的な性格


内向的な人は普段から自分の意見を抑えたり、不満を口に出すことをしないので、日常的に溜まっているストレスが癇癪となって爆発することがあります。

ストレスを溜め込んで爆発しやすい場合は、日頃からストレスを溜めない生活習慣を送ることが大切です。

癇癪持ちの人の原因

トラウマがある


幼少期に親から否定的なことを言われて育った、いじめられた過去があるというように、人から否定された過去がトラウマとなっていると、自分を認めることが難しくなります。

自分を認められない人は精神が不安定になりやすく、少しのストレスでも気持ちが乱れやすくなり、癇癪を起こすようになります。

また、人に否定されてきた寂しさから、人の関心を引くために癇癪を起こし、騒ぎを起こすこともあります。

病気・障害によるもの


癇癪持ちの症状がよく出る場合は、うつ病や発達障害の可能性もあります。うつ病には、感情の起伏が激しくなる症状があります。発達障害の場合は、感情のコントロールが上手くできない症状が見られます。

また、間欠性爆発性障害(IED)は些細なことでも急激にストレスを感じ、怒りを爆発させる症状があります。怒りは数十分で収まり、その後は普通に戻るのもこの障害の特徴です。

癇癪持ちで考えられる障害には他にも強迫性障害、境界線人格障害などがあり、病気や障害を疑う場合は、精神科や心療内科で適切な治療を受ける必要があります。

癇癪の治し方

癇癪持ちであることを自覚する


癇癪持ちを治すには、癇癪持ちである自分を受け入れることから始まります。

自分が癇癪持ちであることを自覚することで、怒りそうになったときに「また癇癪を起こす」と気付いて、自分にブレーキをかけることができるようになります。

リラックスする習慣を作る


ストレスを内に溜め込みやすいタイプの人は、意識的にリラックスしてストレスを減らすことで、感情が爆発するのを予防することができます。

運動やストレッチをする、瞑想、アロマテラピーをするというように、ストレスを溜めないような習慣作ることで、ストレスを軽減できるようになります。

癇癪を起こした後のことを考える


癇癪を起こして怒った後は、一時は清々した気分になるかもしれませんが、その後に待っているのは後悔だけです。

大人になっても癇癪を起こす回数が多いと、周囲の人からも大人なのにみっともないと嫌われたり、呆れられて軽蔑されるようになります。

癇癪で我を失いそうになったときは「癇癪を起こしても、自分にも周囲の人にも良いことはない」と自分に言い聞かせることも大切です。

治療を受ける


習慣的に癇癪を起こす場合は、病気や発達障害の可能性もあります。病気や発達障害の可能性が考えられる場合は、精神科または心療内科を受診することで癇癪と向き合い、症状を改善していくことができます。

癇癪持ちの人への対応方法


職場や家族など身近に癇癪持ちの人がいる場合は、無理矢理に癇癪を抑えようとすると逆効果になります。

そのため、癇癪を起こしたときには癇癪が収まるまで放っておくか、冷静になるように訴えかけるのが対応方法です。

癇癪を起こすことで人の関心を引きたい心理がある人は、相手にしなければそのうちに癇癪が収まっていきます。

癇癪持ちの人を落ち着かせたい場合は、相手の気持ちに訴えかけるように、癇癪を起こしても何にもならないことを伝えると、癇癪持ちの人が理性を取り戻しやすくなります。

癇癪を治すには自覚が大切


癇癪持ちを治すには、癇癪を起こす本人が自分が癇癪持ちであることを自覚することが始まりです。

癇癪持ちの人は自分が癇癪を起こしている自覚もなく、周囲の人も短気な性格の人という印象を持つだけのため、本人が治そうと思う気持ちにならなければ、症状を軽減させるのは難しくなってきます。

自分が癇癪持ちである自覚が持てるようになると、怒りの感情にブレーキをかけられるようになり、さらに癇癪を起こした後は後悔するだけということが分かってくるので、意識的に癇癪を抑えられるようになっていきます。

スポンサーリンク