特に自分から行動して目立つようなことはしませんが、いざというときに重要な役目を任されるような人が職場にいませんか?

そのような人は日頃から堅実な生活を送っており、信頼できる雰囲気や態度が生活だけでなく、仕事や恋愛観にも表れています。

堅実な人は日々の生活感がしっかりしていることから仕事や恋愛でも人から信用されやすく、自分から何かアピールしなくても重要な役目を任されたり、好きな人ができたときに相手から選ばれやすい特徴があります。




堅実な人とは?


堅実な人とは日々規則正しく生活し、上手い話には乗らない、コツコツ努力を積み重ねる人のことです。

堅実な人は雰囲気にも真面目さや誠実さが表れるので、仕事でも周囲の人から信頼されやすく、恋愛、結婚に関しても人気の高い存在となります。

堅実な人の特徴

人生計画がある


堅実な人は人生計画を持っており、計画から大きく外れるような行動は控えるようにしています。

無計画なまま今より幸せになりたいという気持ちが強いと、詐欺に遭って騙されるなど、かえって不幸になる場合があります。

堅実な人は事前にそういったリスクを予想し、都合の良い話にすぐに乗るようなことはしません。

堅実な人は宝くじやギャンブルなどでお金を大きくしようと考えたりせず、恋愛に関しても高望みせず、自分と価値観の合う人を選びます。

規則正しい生活をしている


堅実な人は毎日規則正しい生活を送る傾向があります。

「朝は○時に起きる、○時に出社する、帰宅したら○時までには寝る」というように、決まった時間に毎日同じことを行います。

規則正しい生活を送っていると仕事でも生活でも時間の配分が上手くなるので、不規則な生活を送っている人よりも計画的に時間を有効活用することができます。

健康管理をしている


堅実な人が最も大切にしているのは心身の健康です。長い闘病期間を要する病気になれば、せっかく練った人生計画も破たんします。

堅実な人は健康的な食習慣や運動、睡眠を心がけ、規則正しく生活しています。

健康管理を大切にしている分、具合が悪くなればすぐに病院へ行くので、大病だとしても早期発見ができます。

貯金している


堅実な人は無駄な物を購入する習慣がありません。堅実な人は何かを購入するときは、必要な物だけ購入して店を出ます。

無計画に物を購入する人は、何となく欲しいと思って買う必要のないものまで購入します。

堅実な人は財布の中も綺麗にしており、しっかり整頓されています。お金は綺麗な場所に集まりやすいので、堅実な人には自然とお金が集まってくる傾向があります。

場の雰囲気に流されない


堅実な人は自分の判断を大切にしているので、自分の意に沿わない物事に関して流されることがありません。

自分の判断基準がない人は、その場の雰囲気に流されて他人に判断を任せてしまい、トラブルに巻き込まれる場合があります。

堅実な人はそうした問題に巻き込まれないよう、違和感のある雰囲気を感じた場合は適当な言い訳をして、すぐにその場を立ち去ります。

自己価値・能力を知っている


堅実な人は自分は何が得意で、得意なことは何に活かせるかということをよく知っています。

そのため、自分の能力に合わないような職種は避け、自分の能力に見合った職種を選びます。

恋愛に関しても年齢や容姿から自分の価値を知っており、身の丈に合わない人を選ぶということはしません。

堅実な人は自分の価値を知っており、人を見る目もあるため、恋愛をすると結婚も早く決まりやすい傾向があります。

堅実な人になる方法

1日の計画を立てる


堅実な人になるためには、毎日規則正しく生活する必要があります。規則正しく生活するには、1日~1週間のスケジュールを立てて、計画通りに行動することから始めます。

計画といっても最初から緻密に作る必要はなく、「○時に起きる、○時~○時まで仕事する、○時に帰宅する、○時には寝る」というように、日々やるべきことを決まった時間に行う習慣を付けることから始めてみてください。

日々の生活計画に慣れてきたら、今年1年の計画、2年後、3年後、というように将来的な計画についても計画を立てていくと、具体的な人生設計を作ることができます。

慎重に行動する


堅実な人は突飛な行動を起こすことはしません。上手い話、都合の良い話を聞いたときには、必ずその話の根拠を求めて信用に値するかを判断します。

人に騙されたり、裏切られたりすることが多い人は、相手の言っていることを鵜呑みに信じるのではなく、相手の話におかしなところ、疑問に思うところはないか疑うことも大切です。

あせって判断しない


堅実な人は自分が納得できるまで物事を決断することはしません。特に人生の節目である受験、就職、結婚などについては事前によく調べて、自分に合った学校、会社、結婚相手を選びます。

特に結婚については友人や同僚など周りの人が結婚し始めると、あせって恋人や結婚相手を探す人がいますが、あせっていると冷静な判断力を失います。

後で後悔しないためにも、結婚相手については事前に理想の相手のプロフィールを作っておき、あせらず余裕を持って相手探しをすることが大切です。

自己分析する


堅実な人になるには、自分価値や能力について自覚する必要があります。

仕事でも恋愛でも、自分の思うような結果になかなか至らない場合は、運の関係だけでなく、自分の価値や能力を過信しており、現実とのギャップがある可能性もあります。

仕事で思うような結果が出ない場合は能力不足であるか、今の仕事では自分の能力を活かすことができないなどの原因が考えられます。

自分の価値を自覚する


恋愛で堅実さを示すなら、自分の価値を自覚する必要があります。

若い人と結婚したいというように歳の差婚を望む人がいますが、若い人は自分と年齢の近い相手を選ぶので、お金持ちである、容姿に優れているなどアピールできるものがないと、歳の離れた人との結婚は難しくなります。

優しさや誠実さでアピールするという人もいますが、若い人であれば様々な場面で異性から優しくされたり親切にされることも多いので、性格の良さでアピールすることは歳を経るほど難しくなっていくのが現実です。

なかなか恋人ができない、結婚相手が決まらないという場合は自分の価値に対して相手への理想が高いこともあるので、一度自分の恋愛市場価値を見直す必要があります。

自分の価値が分からないのであれば結婚相談所へ行くと客観的に自分を判断してもらえるので、自分の価値について自覚しやすくなります。

堅実な人になるには自分を知る


堅実な人になるには、自己内省して自覚と現実にギャップがないか知る必要があります。

自己内省をしないと自己分析もできないので、いつまでも本当の自分と向き合うことができません。

堅実な人になるにはまずは自分を知ることから始め、日々の習慣を規則正しくしていくとそれが雰囲気や態度に洗われるようになり、仕事や恋愛でも人から信頼されやすくなります。

スポンサーリンク