同じ言葉を繰り返す人が身近にいると、あの人はどうして同じことを言うのだろう?と疑問に思うことがあると思います。

同じ言葉を繰り返す人はほぼ無意識で同じ発言を繰り返しており、それが当たり前の習慣となっていることがほとんどです。

そこで今回は、同じ言葉を繰り返す人の心理と接し方についてご紹介します。




同じ言葉を繰り返す人の心理

自分に言い聞かせている


自分の言った言葉を何度も繰り返して話す人は、人に話しているように見えても、実は自分にその言葉を言い聞かせています。

人が自分に同じことを語りかけるときは、不安な気持ちを抱いている証拠でもあります。自分の言葉を何度も言い聞かせることで、自分の言葉を信じたいという心理があります。

自分の考えを理解してほしい


特定の人の前で同じ言葉を繰り返す場合は、遠回しに自分の考えていることを相手に理解してほしい心理があります。

理解してほしいことがあるなら相手にそう言えば良いのですが、はっきり話す勇気がないか、何らかの理由で自分からは発言できないので、それとなく相手に気付いてほしい気持ちが隠されています。

自分の気持ちを強調している


「そうそう」「なるほどなるほど」というように同じ言葉を繰り返すときは、相手の言うことに強く共感している心理があります。ただしこれは表情とセットで考える必要があります。

相手の目を見て同じ言葉を繰り返しているなら共感している可能性がありますが、目を合わせない場合は共感して深く考え込んでいるか、相手の言っていることをよく理解できていない場合があり、それをごまかすために同じ言葉を繰り返していることもあります。

好意の表れ


ある人が言った言葉を自分の言葉のように話したりオウム返しにする人は、相手に対して尊敬や好意、恋愛感情を抱いている心理があります。

この現象を心理学ではミラーリングといい、憧れの人や好意を持つ人と同じ態度を取ることによって相手に好かれたい、または憧れの人と同じようになりたいという気持ちが隠されています。

嘘を吐いている


嘘を吐いている人は、相手を信じ込ませようとして何度も同じ言葉を話すことがあります。口の上手い人はさまざまな言葉を使って人を騙しますが、共通しているのは何となく相手の不安を煽るような話し方をしています。

話しているときに不安を感じさせるような人、何かおかしいと違和感を感じる人は嘘を吐いている可能性があるので、相手のペースに流されないように話を鵜呑みにしないことで騙されるのを予防できます。

癖になっている


「はいはい」、「うんうん」など同じ言葉を2度繰り返す人は、子どもの頃からそういった話し方をする癖がついています。

おそらくその人の両親や兄弟の中にもそのような話し方をしている人がいる可能性があり、その人にとっては言葉を繰り返す口調が自然な環境で育ったのだと考えられます。

ただし「はいはい」という返事は相手をバカにしていると捉えられることもあるので、同じ言葉を繰り返す癖はなるべく直した方が賢明ともいえます。

病気・障害の可能性


同じことを何回も話すことが多い場合は、認知症やADHDなどの可能性があります。認知症は若い人でもピック病という若年性認知症などの可能性も考えられます。

ADHDは人との接し方が分からない、空気が読めない、同じ失敗を繰り返す症状や、認知症の場合は性格や態度が以前と変わることがあるので、同じ言葉を繰り返す以外にも違和感を感じる人は、何らかの病気や障害の場合もあります。

同じ言葉を繰り返す人への接し方

指摘する


「はいはい」というように同じ言葉を2度繰り返すのはマナーとしては失礼と考えられています。職場にそのような人がいる場合、気になるのであれば「同じ言葉を繰り返すのは、相手に対して失礼に当たる」ことを指摘しても良いと考えられます。

同じ言葉を繰り返す人は失礼だという自覚がないので、指摘されることによって失礼だと気付き、態度を改めてくれやすくなります。

聞き流す


認知症、物忘れが激しい人が家族にいる場合は、何度も同じことを話してくると思います。病気の可能性が考えられる場合は「その話、前にも話していたよ」と言っても改善することは難しいので、また同じ話をしていると思ったら、適当に相槌を打って聞き流すことも接し方です。

同じ話を真面目に聞こうとすると、段々と自分もストレスが溜まっていきます。長々と話をする人は自分の話を真剣に聞いてほしいというよりも、ただ自分の話を誰かに聞いてもらいたいだけです。

「ふうん、そうなんだ」というように適度に相槌を打っているうちに、相手は話したいだけ話したら自然と満足し、そのうちに話すことを止めます。

共感する姿勢を示す


同じことを自分に言い聞かせるような人の場合は、その話に共感する姿勢を示すことが効果的な接し方です。

自分の言葉を自分に言い聞かせる人は何らかの不安を抱えているので、否定すると相手がパニックになったり、怒り出す可能性もあります。

たとえ言っていることに共感できなかったとしても、「そうですね。ですが…」というように、いったんは相手の気持ちに同意する姿勢を示し、その後に自分の考えを話すことで、相手も自分の話に耳を傾けてくれやすくなります。

同じ言葉を繰り返すのは不安の表れ


同じ言葉を繰り返す原因はさまざまですが、自分の言葉を言い聞かせる人や相手に尊敬、好意を抱いている人の場合は、自分の言葉を信じたい、憧れの人に嫌われたくないという不安を抱えています。

不安を抱えている人と接する場合、その人は自分を受け入れてくれる人にしか心を開いてくれません。そのため、その人の本心を知りたければ、一度その人に共感する姿勢を示すのが効果的な接し方になります。

スポンサーリンク