仕事場や家族、友人、恋人など身近に冷静な人がいると「あの人はどうして冷静でいられるんだろう?」と思うことがあると思います。冷静でいられるということは、仕事でも恋愛でもメリットになります。冷静な人には共通する特徴や行動があるので、そういった特徴を知ることで、冷静になれるヒントを見つけることができます。

冷静な人の特徴

理性的である


冷静な人は感情よりも、理性で物事を考える傾向があります。話をするときも思い付いたことをすぐ口にするのではなく、場の状況を見て今必要な言葉を話す慎重さを持っています。感情的にならないという特徴は男性、女性関わらず仕事でも家庭でもトラブルを招く原因を避けるので、大いに利点といえます。

周囲と比較しない


冷静な人は周囲の状況に流されることなく、仕事でも恋愛に関しても、自分の意見を持っています。人の意見に反対するときも感情的にならずしっかり理由を話せるので、言い争いになることなく相手を納得させたり、自分の意見を通す芯の強さを持っています。

人生観に関しても「人は人、自分は自分」と区切りを付けているので、自分と他人を比べて優劣をつけることはしません。冷静な人は欠点もときには利点になることを知っており、人を見る目もあります。適材適所に人を置くことにも長けているので、人からも信頼されやすい特徴があります。

客観的判断ができる


冷静な人は自分の置かれている状況を客観的な視点で見ています。自分の立場を理解しており、その状況に合った言動ができるので、周囲からは冷静な人と思われる傾向があります。客観的な思考はトラブルを未然に防ぐ考え方のため、仕事でも恋愛でも役に立ちます。

結果を先に考える


冷静な人は、後先を考えない行動はしません。仕事では先に結果の見通しをしておき、そこから逆算して予定を立てて行きます。結果に基づいてスケジュールを組み立てていくことで、トラブルの可能性やリスクを先に考えておくことができます。実際に行動するときも結果を元に行動しているので、発言や行動に矛盾がなく、周囲の人からも冷静な人、しっかりしている人と判断されやすい特徴があります。

偏見で判断しない


誰でも少なからず偏見は持っているものですが、冷静な人は偏見で物事を判断しません。偏見で物事を判断すると、トラブルを招く原因になることを知っているからです。どういった言葉が偏見に当たるかということも理解しており、仕事でも恋愛でもその場の状況に合った言葉選びができます。冷静な人は偏見を言わないことから、周囲の人からも信頼されやすい特徴があります。

開き直る


開き直るというと、悪いことをして平気でいるというイメージを持つかもしれませんが、ときに開き直ることも必要です。例えば何かトラブルが起きたときに感情的になっても、起きてしまったことは取り返しがつかず、喧嘩など別のトラブルを招く原因にもなります。そういったときは「起きてしまったことは仕方がない」と開き直り、問題の解決策を考える方が効率的です。

怒ると怖い


冷静な人はあまり怒りませんが、余りにも度が過ぎることは、流石に冷静な人でも怒ります。冷静な人は普段は平常心でいることが多いので、怒ったときには周囲の人がびっくりして怖いと感じます。特に冷静で大人しい人が怒り出すと、普段とのギャップの差で怖さが倍増します。

冷静な人の中にはストレスを自分の内に溜め込むタイプの人もいるので、怒ったときにストレスが爆発することもあります。または全く話さなくなる、必要なことしか話さなくなる、笑わないなど静かに怒ることも、冷静な人の特徴です。

冷静な人は怖い?


冷静な人というとクール、近寄りがたいなどのイメージがあるかもしれませんが、必ずしもそういう人ばかりではありません。冷静な人は視野が広く、様々な知識を持っている人が多いため、話してみると勉強になったり、ユニークで面白い人のこともあります。

冷静な人といっても心が無い訳ではないので、怖気づいたりせず、仕事で付き合いがあったり気になる人であれば、話しかけてみると意外な一面を知って仲良くできるかもしれません。

冷静な人になるには?

読書する


読書は物事を客観的に見たり、理性的に判断する能力を養うことができます。本を読む量が増えるほど、物事の理解力も早くなっていきます。同時に様々な知識を学べるので、冷静な人になりたいと思ったら、まず読書から始めてみることをおすすめします。

運動する


冷静な人はときに判断に行き詰ると、考えていることとは全く違うことをします。読書する、食事する、寝るなど様々な行動がありますが、一番多いのが運動です。運動は一度思い詰め過ぎた思考をリセットさせ、ストレスを発散させる効果があります。運動は心を前向きにさせる効果があり、ダイエットにもなるので自信がつくメリットもあります。

掃除を心がける


部屋を定期的に掃除することは、物事を整頓する考え方を養います。散らかった部屋ではストレスも溜まりやすくなり、冷静に何かを判断することも難しくなってきます。部屋がきちんと整頓されることによって精神的にも落ち着き、冷静に物事を考えやすくなります。

冷静になるには普段の行動を変えてみる

冷静な人になるには、普段の行動を変えることから始まります。感情的になりがちの人は、冷静な人になる方法を実践したり、夢中になれる趣味を持つと、気分転換や気持ちの切り替えが段々と上手になっていきます。

スポンサーリンク