職場や家庭で会う度に冗談ばかり言ってくる人は、おそらく1人や2人はいるのではないでしょうか。たまに冗談を言うならただの冗談として捉えられますが、あまりに冗談が多い場合は、馬鹿にされているような不快な感情を持つ方もいると思います。そこで、今回は冗談ばかり言う人の心理と対処法についてご紹介します。




冗談ばかりを言う人の特徴は?


冗談の程度が分かっている人は、冗談を上手く使ってその場を盛り上げてくれるムードメーカーのような存在になれますが、冗談でも程度が過ぎれば嫌がらせやいじめと思われてしまいます。

人が嫌な気持ちになるような冗談ばかり言う人は、ほとんど相手の気持ちを考えていません。冗談ばかり言う人は、冗談を言っても許してくれそうな相手を選んで、冗談を言います。言われている方が不快な態度を見せると、「冗談だと分からないの?」と言って、自分の発言をなかったことのように見せる態度は卑怯で、言われる方からしてみれば非常に面倒くさいです。

男性にありがちなのが、気になる女性に対して冗談を言って気を引こうとする態度です。冗談を言って相手の困っている反応を見て面白がったり、喜んだりしますが、女性からしてみれば冗談ばかり言う人は誠実さのイメージからかけ離れるため、マイナスイメージを抱きやすくなります。

あまり冗談を言ってからかっていると、面倒くさい人と思われて嫌われてしまったり、いじめと勘違いされて、相手から距離を置かれてしまう可能性もあります。

冗談ばかり言う人の心理は?


不快な冗談ばかり言う人は、冗談を言って人の気を引こうとしています。つまり、冗談ばかり言う人は寂しがり屋な面を持っています。

冗談を言えば相手が不快な気持ちになるかもしれないのに、冗談ばかり言ってしまうのは、「寂しいから、1人になりたくないから、何を言っても良い」と自分を特別視している面もあります。言われる方もその雰囲気を何となく感じるため、かえって周りから人が離れていく原因にもなります。

冗談を連発する人は攻撃型の性格


冗談を連発する人は、攻撃型の性格の特徴を持っています。冗談を連発する人を怒らせると、冗談を言うときのように不満や嫉妬、憎しみを相手にぶつける可能性があります。

そもそも冗談は不満をごまかすために発言するようなもので、冗談の使い方が上手な人は、皆が抱えている不満を面白おかしく言って、場の雰囲気を和ませる存在になります。ただし、人・個人に対しての不満を冗談で言う人は、相手に対して嫉妬や憎しみを抱えている可能性があります。

自分の冗談を言う人は自分に不満がある


冗談ばかり言う人の中には、自分に対してブラックジョークを連発する人がいます。こうした人は他人に不満がある訳ではなく、自分自身に対して何かしらの不満を抱えています。

例えば真面目すぎるということで悩んでいる場合は、ブラックジョークを言うことで、自分の真面目さを解消しようとしている心理があります。しかし、聞いている方からしてみれば、自分に対して言う冗談には何か切実さを感じさせる雰囲気があるため、素直に笑いにくく、対応に困ってしまいます。

冗談ばかり言う人への対処法は?


冗談ばかり言う人の性格を変えることは難しいため、冗談を言われたら、「またか」と思って軽く受け流すようにしてください。相手の言っていることは冗談のため、本気になって受け止めないようにしてください。

冗談ばかり言う人は、相手の気を引きたいと思っているだけのため、真剣に話を聞く必要はありません。寂しがり屋の子どもだと思って接するようにしてください。

ただし、冗談の程度が余りに酷い場合は、本人に「今の言葉はひどい、傷付いた」とはっきり伝えてみてください。相手が本気で嫌そうだったり、悲しい表情をしていれば、冗談を言う人の中には、態度を改めてくれる場合もあります。

本人に反省する気持ちがなく、その後も冗談を言い続けてくる場合はいじめの可能性もあるため、冗談を言う人の目上に当たる人(上司・社長など)に相談するのも対処法の一つです。

冗談を言う人は寂しがり屋


冗談ばかり言う人は、寂しさから冗談を言って、人に構ってもらいたい心理を持っています。言われる方からしてみれば面倒くさい人かもしれませんが、言っていることは冗談なので、しつこい場合は適当に生返事して受け流しても構いません。

冗談の程度が酷い場合は、冗談を言う人に本気で嫌だと伝えるか、冗談を言う人の目上に当たる人に相談するのも対処法になります。

スポンサーリンク