人のものを真似したり、同じものが欲しいと言ったり、なぜか人が持っているものばかり欲しがる人という人が身近にいませんか?

なぜ人のものを欲しがるのかは、その人の心理を知ることで理由が分かるようになります。人のものを欲しがる人の心理についてご紹介します。




人のものを欲しがる心理は?

憧れ・安心感


人のものを欲しがるのは、それを持っている人に憧れや羨ましい気持ちを持っているからです。芸能人が着ている服やファッションアイテムと同じものをそろえるというのも、「憧れのあの人のようになりたい」という願望から起こるものです。

また、憧れの人が持っているものを自分も手に入れて、安心感を得たいという場合もあります。「憧れの人=信頼・好意を寄せている人」なので、憧れの人が持っているものを手に入れることで、精神的に安心するという人もいます。

劣等感


心に何らかの劣等感がある人は、他人の持っているものが良いもののように見えがちです。劣等感がある人は、自分にないものを持っている人を見ると羨ましいと感じ、羨ましいと思う人が持っているものが欲しいと思うことがあります。

「羨ましいと思う人と同じものを手に入れることで、自分も満たされるはず」という錯覚に陥っているのですが、根本にある劣等感の原因が解消されない限り、同じことを繰り返す人もいます。

依存症


人のものを欲しがる人には、人のものを奪うことにスリルや高揚感を覚えるという、一種の依存体質の人もいます。恋愛関係で友人の恋人を奪うという例がありますが、実際に相手のことが好きだったからという訳ではなく、ただ「人の大切にしているものを手に入れてみたい」という思いから、人のものを欲しがる人もいます。

こうした依存体質のタイプの場合、本当に相手のことが好きだった訳ではないので、別れてまた別の人を探し、人のものを欲しがるという、同じことを繰り返すことがあります。病的に同じことを繰り返す場合は、何らかの人格障害を発症している可能性もあります。

所有欲


所有欲、独占欲の強い性格だと、欲しいものは何でも自分のものにならないと気が済まないという人もいます。

大人でそこまで我がままを言う人はあまりいませんが、直接言葉には出さずとも、「それいいな」と羨ましがる言葉や、「ちょうだい」とねだってきたり、同じものを持つなどの行動がよく見られる人は、所有欲、独占欲の強い性格といえます。

人のものを欲しがる子供の心理


子供の時期に、人のものを欲しがる行動はよく見られます。子供は好奇心旺盛なので、親や周りの子が持っているもので気になるものがあると、それを欲しいと思うことがあります。

子供の場合、自分で同じものを持っていても、人が持っている同じものを欲しい思うことがあります。例えば兄弟だと、同じおもちゃを持っていても、兄の持っているおもちゃの方がよく見えて、弟が兄のものを欲しがったりします。

親から見ると同じものを持っているのにどうして?と思うかもしれませんが、これは年上の兄が上手におもちゃ遊びをしているのを見て、兄の持っているおもちゃの方がよく見えるからです。

人のものを欲しがる子供の対処法


人のものを欲しがる性格の子には、「人のものばかりに良いところがある」という考えでなく「自分に与えられたものの良いところ」に気付かせてあげることが大切です。

例えば先ほどの例のように、同じおもちゃを持っているなら、同じおもちゃを使って遊び方を兄弟や親が教えてあげたり、おもちゃにお気に入りのシールを貼ってみたりと、自分の持っているおもちゃが好きになる工夫をしてみます。

また、「トイ・ストーリー」のように、物に命や心がある作品を見せてあげると、自分のおもちゃを大切に扱うようになる子もいます。

人のものを子供が取ってしまうとき


人のものを子供が無理矢理取ってしまったときは、「もし○○ちゃんが大切なものを取られたら、どう思う?」というように、取られた子の気持ちを考えさせてみましょう。頭ごなしに叱っても、子どもは良いことと悪いことの判別が付いていないので、何が悪いのか分かっていません。

「人のものを取るのは、取られた人が悲しい気持ちになるでしょう?だから、悪いことなんだよ」と、なぜ悪いことなのかをちゃんと理解させます。「悪いことをしたら謝る」ことを教えるためにも、取ったものを返すときは親だけが謝罪するのでなく、子供にもきちんと謝らせることが大切です。

スポンサーリンク