人が死ぬ夢を見ると「何かのお告げでは?」と気になることはありませんか?そこで、人が死ぬ夢の意味をご紹介するので、夢分析するときの参考にしてみてください。




人が死ぬ夢の意味


人が死ぬ夢というと、何だか不吉な予兆かもしれないと感じられるかもしれません。しかし、夢分析においては人が死ぬ夢は新たな自分へと生まれ変わる境地に差し掛かっていることを意味しています。つまり、現実では人の死は悲しみとして捉えられるものですが、夢分析では人が死ぬ夢は吉夢を意味しています。

自分が死ぬ夢

自分が死ぬ夢は、あなたの人生が新しい境地へと移り変わっていくことを意味しています。今までの自分から、新しい自分へ生まれ変わることの象徴です。ただし、死んだ原因によっては吉夢ではなく警告夢の場合もあるので、夢の中で死んだ原因も合わせて夢分析するようにしてください。

例えば、雷に打たれて死ぬ夢や蛇に絞殺される夢の場合、雷や蛇は夢分析では災難を意味しています。そのため、雷や蛇が原因で死ぬ夢は警告夢となるので、この夢を見たら新しいことを始めるのは控えて、慎重に行動することが大切です。

死にそうで死なない夢

高い所から落ちる、刃物や銃で死にかける夢など、死にそうで死ななかった夢はあなたがまだ新しい人生の転機を迎える時期に達していないことを意味しています。この夢を見たときは、自分の現状を見つめて、今後の目標に付いて考え直すことが望ましい時期です。

死ぬ直前で目覚める夢

死ぬ直前に目覚める夢は、あなたの今後の行動次第で幸運を掴めることを意味しています。夢の中でまだ死ぬことがなかったため、幸運を掴むチャンスは訪れていますが、まだそれを手にする時期ではないということを表していますこの夢を見たときは、もう少し努力を続けることが必要ということを意味しています。

死んで生まれ変わる夢

死んで生まれ変わる夢は、これからあなたの運気が上昇することを意味しています。新しいことを始めるには絶好の時期であるため、仕事や恋愛でいつもより行動的、積極的になって行動しても、物事がうまく行きやすくなります。

自分以外の人が死ぬ夢

両親が死ぬ夢

両親が死ぬ夢は、夢分析においては予期せぬ幸運が訪れる吉夢です。夢の中で両親を失った悲しみやショックが大きいものであるほど、現実では思いがけない幸運に巡り会えるチャンスが訪れていることを意味しています。

兄弟が死ぬ夢

兄弟や姉妹が死ぬ夢の場合、夢分析では実際の本人の性格は関係なく、兄は威厳、責任感の象徴、姉はプライドの高さ、理想家の象徴、弟は無邪気、外向性の象徴、妹は守られる存在の象徴となっています。

夢の中で死んだ人は、あなたが今まで気にかけていた存在です。夢分析ではこれからは兄弟や姉妹のことを気にすることなく、本来の自分の性格が表現できるようになることを意味しています。

夫・妻または恋人が死ぬ夢

配偶者や恋人が死ぬ夢は、これから2人の関係性が変化していくことを意味しています。夢の中で配偶者が死んで悲しい気持ちになった場合は、相手に対する愛情を再確認し、2人の絆がより深まっていくことを意味します。配偶者が死んでスッキリした気持ちになった場合、これはあなたがが配偶者から解放されたい願望夢であり、この先別居や離婚も考えられる夢です。

祖父母が死ぬ夢は、あなた自身の成長を意味する夢です。祖父母は両親より先に家系を受け継いできた人物であり、その人達が死ぬという夢は、今までの経験から新しい価値観を見つけていくことを表しています。

親戚が死ぬ夢

親戚が死ぬ夢は、これからあなたの性格が変化していくことを意味しています。身内が亡くなる夢は、あなたがこれから強い気持ちを持って生きていくことで、運が開けることの暗示です。

ただし、しばらく会っていない親戚が夢に現れる場合は、あなたに別れを告げに来た可能性があります。親戚に体調を崩している人がいる場合は、連絡してみると夢の意味が分かるかもしれません。

知らない人が死ぬ夢

同性でも異性でも、知らない人が死ぬ夢は、その人はあなた自身を投影した人物です。そのため知らない人が死ぬ夢は、自分が死ぬ夢と意味は同じになります。死ぬという出来事を回避するために、自分でない他人が死ぬ夢として表れています。

また、知らない人が死にそうで死なない夢も、その人はあなた自身を投影した人物のため、自分が死にそうで死ななかった夢の意味と同じ解釈となります。

死んだ人が再び死ぬ夢

祖父や祖母など、現実で亡くなった人が再び死ぬ夢は、夢分析では吉夢です。あなたに多大な影響を与えた人物が亡くなるということは、あなたは過去の経験から学び、新しい人生へと向かっていける強さを持っていることを意味しています。

死んだ人が生き返る夢

自分以外の死んだ人が生き返る夢は、あなたが思わぬトラブルに巻き込まれる警告夢です。この夢を見たときは、何事も慎重な気持ちを持って取り組むことで、トラブルやアクシデントを回避しやすくなります。

人が沢山死ぬ夢

人が沢山死ぬ夢は、あなたの人生に転機が訪れることを意味します。ただし、吉夢か凶夢かの判断は難しく、吉夢の場合は仕事運や金運が良くなりますが、凶夢の場合は仕事運や金運が下がることを暗示します。どちらの変化が訪れても良いように、身辺を整えたり心の準備をしておくことが必要です。

死の夢は人生の転機

夢の中で人が死ぬ夢は吉夢であることが多いので、新しい時期を迎えるための準備を勧めておきましょう。幸運を受け入れる心構えができていると、新しい目標や人生の転機に向かって、順調にスタートを切ることができます。

スポンサーリンク