不機嫌、ふてくされる態度を取る人が身近にいると、何かあったのか、自分が何か不快にさせるようなことをしたのかと不安になると思います。

しかし、人前で不機嫌な態度を取る人は周囲の人の気持ちを考えず、自分の気持ちだけで行動する人だとも考えられます。自分自身にその傾向がある人は、それを直したいと思うこともあるはずです。

今回は不機嫌、ふてくされる態度を取る人の心理と直し方についてご紹介します。




不機嫌・ふてくされる人の心理

思い通りにしたい


人は思い通りにならないことがあるとストレスを感じますが、特にストレスを感じやすい人は不機嫌になりやすい傾向があります。

強いストレスを感じて不機嫌になるのは、それだけ自分の思い通りに事を進めたいという心理の表れです。

不機嫌であることに気付いてほしい

不機嫌な態度の本心は、本当の自分の気持ちを察してほしい心理があります。

思慮深い人であればその気持ちに気付いてくれるかもしれませんが、そうでない人には思っていることと正反対の態度を取ることで誤解されたり、嫌われてしまう可能性もあります。

プライドが高い・素直になれない


不機嫌になりやすい人は、普段から自分の気持ちを正直に話すことが苦手です。素直になれないのは、プライドの高さから起こるものです。

プライドが邪魔をして思っていることと正反対の言葉や態度を取ってしまうなど、ツンデレな態度を取ってしまいがちです。

孤独感

不機嫌になりやすい人は、実際に孤独であるかは関係なく、心に孤独感を感じやすい人です。

孤独を感じやすい人は「本当に愛されているのだろうか」と人の気持ちを疑うところがあり、相手の愛情や思いやりが本心かどうか、不機嫌な態度、わがままを言って相手を試しているところがあります。

責任転嫁・謝罪してほしい


人間関係のトラブルに巻き込まれたときに不機嫌になるのは、相手を責めたい、責任を押し付けたい、謝罪してほしい心理があるからです。

つまり、自分がどうすれば良いのか分からないと混乱している状態でもあります。

「私は悪くない」と思う心理があるからこそ、反省ではなく不機嫌という態度になって表れます。

精神年齢が低い

不機嫌になる人は、不機嫌になることでしか相手に自分の気持ちを伝える方法を知りません。大人になっても、子どもが駄々をこねているのと同じような態度を見せます。

心が年齢相応に成長していれば、感情を率直に表すことはせず、言葉でしっかり自分の気持ちを説明できます。

大人になり切れていない面があるため、不機嫌な態度を取って相手に自分の気持ちに気付いてほしい心理があります。

不機嫌な態度の原因


不機嫌な態度やふてくされる態度の多くは、子どものうちに親に叱られたり、自制心が成長して自然と収まっていくものです。

大人になっても直らない人の場合はプライドが高いか、不機嫌な態度を取れば家族や周囲の人が願いを聞き入れてくれたなどの経験から、不機嫌な態度を取る習慣がついてしまっています。

不機嫌な態度を取るクセをそのままにしていると、態度の悪さを指摘されたり、付き合いきれないと大切な人から距離を置かれてしまうなど、人間関係のトラブルに発展する可能性が増えてしまいます。

また、人前で怒る、不機嫌な態度を取るなどマイナスな感情を見せる人は、社会的には幼稚な人、空気が読めない人と判断されてしまいます。

不機嫌・ふてくされるのは甘え?


単刀直入に言うと、不機嫌な態度やふてくされる態度は甘えです。人からみっともない態度だと思われやすい態度の1つでもあります。

不機嫌になりやすい人は、言わなくても相手に自分の考えていることを理解してほしいと思っているところがあります。

ですが、思っていることは言葉を使わなければ相手に伝わりません。あなたが人の考えていることを完全に読み取ることができないように、相手もあなたの気持ちは言ってくれなければ分かりません。

それは家族はもちろん、友人や恋人であっても同じことです。

家族だから、恋人だから自分の気持ちが分かるはずと信じたいのは分かりますが、それは「態度で目に見えない気持ちを理解してほしい」と相手に強要しているようなもので、相手に責任転嫁している面があり、甘え、ときには卑怯だと解釈されます。

不機嫌になる・ふてくされるのを直す方法

不機嫌はみっともないと自覚する


不機嫌な態度、ふてくされる態度を人前で取る人は、その態度が他の人を不快にさせるとか、その場の雰囲気が悪くなることを予想できません。衝動的に不機嫌な態度を取ってしまい、後で後悔する人もいます。

不機嫌な態度を取って後悔することが多い人は、不機嫌な態度はみっともないもの、人から嫌われやすい態度の1つであることを自覚する必要があります。

ストレスを感じたら、怒って相手を責めたり、不機嫌にふるまう自分の姿を想像してみてください。それはきっと、みっともない姿であると思います。

または手鏡を常に持っておき、自分の顔を見ましょう。ストレスを感じている自分の姿を目にすることで、怒りに支配されている状態から我に返ることができます。

態度でなく言葉で示す


不快な気持ちを感じたときには、不機嫌な態度で示すのでなく、言葉で相手に伝えましょう。

言葉で話すのが苦手だから態度に表すという人もいますが、話すのが苦手であればメールでも構いません。態度でなく言葉で表すことで、相手から誤解されることはなくなります。

「こんなことがあって嫌な気持ちになった」「こんなことを言われて悲しかった」というように、自分が何に対して不機嫌になっているのかを相手に具体的に伝えることが大切です。

全て相手のせいにするのを止める


人に不機嫌な態度を取るのは、自分は悪くないと思う心理があるからです。しかし、人間関係においてのトラブルはどちらかが100%悪いとは言い切れないところがあります。

例えば恋人に浮気をされて相手が100%悪いと考える人は、相手のことを徹底的に攻めて不機嫌になります。たしかに浮気は裏切りですから、それは相手側も責められて仕方がないことです。

ただし、「浮気をするような人を恋人に選んだ自分も見る目がなかった」というように、自分で決めた判断についても考慮する人は、落ち込んでも怒りの感情は少なく、時間が経てば次の恋を探し始めます。

不機嫌になりやすい人は相手だけが悪いと思っているため、いつまでも怒りや未練を引きずりネガティブになっていきます。相手のしたことだけでなく、自分の判断や行動を反省できる人は、前向きに生きようとする力強さを持っています。

不機嫌なときは一人になる・何かに集中する


不機嫌な態度が自分では抑えられない場合、感情が収まるまで人のいる場所を離れ一人になりましょう。

一人になることで、ほかの人に不機嫌な表情を見られたり、八つ当たりしてしまう可能性を減らせます。

不機嫌な気持ちをそらすには、仕事や運動に集中することが最適です。

忙しく頭を働かせる、体を動かすことは不機嫌な感情を忘れさせます。特に運動やカラオケはストレス解消にもなるのでおすすめです。

不機嫌な態度を取っても何も解決しない

不機嫌、ふてくされる態度は自分にも他の人にも、何も良いことをもたらしてはくれません。

後から後悔したり、人から誤解されたりすることを避けるためにも、不機嫌な感情は人前で表さないように意識できれば、人間関係も穏やかなものへ変わっていきます。

スポンサーリンク