職場、家族、恋人など、話した後に「何だか疲れる…」と感じる人はいませんか?

いつも関わった後に体調不良になったり、ストレスを感じる相手は、他人からエネルギーを奪う「エナジーバンパイア」の可能性があります。

今回は、エナジーバンパイアの特徴や対処法などをご紹介します。




エナジーバンパイアとは?


「エナジーバンパイア」とは、他人から生命力・活力・運気などを奪う人のことです。エナジーバンパイアの人と一緒にいると、体調が悪くなる、異様に疲れる、気力がなくなるなどの症状が現れます。

エナジーバンパイアは家族、友人、職場などさまざまな場所に潜んでいますが、本人は自分が相手からエネルギーを奪っていることに自覚がないのが特徴です。

身近な人にエナジーバンパイアがいると、何だか疲れる、寝込む、めまい・吐き気などの体調不良、イライラする、気持ちが暗くなるなどさまざまな症状が出てくる場合もあります。

エナジーバンパイアの特徴

努力しない


エナジーバンパイアは努力することが嫌いです。自分にできないことがあれば「できないのだから仕方がない」という風に開き直ります。

そして何の努力もせず、すぐ人に助けてもらおうとします。一度エナジーバンパイアを助けてしまうと、人生相談、お金のことなど次から次へとお願いを持ち掛けられて依存されやすくなってしまいます。

人・物に依存的


エナジーバンパイアの人は、自分が依存できる相手を常に探しています。自分の話を聞いてくれる人にやたら依存して付きまとったり、相談に乗ってくれる人に延々と愚痴を吐き続けるなど依存行為をするので、付き合う相手は徐々に疲れが溜まってしまいます。

また、エナジーバンパイアは人だけでなく物にも依存的な場合があります。買い物依存、スマホ依存、タバコ依存などがある場合、何かに依存しないと自分を保つことができない心理があります。

満足しない


エナジーバンパイアはいつも何かしらの不満を抱えています。満足するということを知らず、不満があると愚痴を言ったり、自分より良い思いをしていると思う人には嫉妬して足を引っ張るなど、人に迷惑をかける場合もあります。

情緒不安定


エナジーバンパイアの人は他人に依存的なので主体性がなく、常に何かに頼っていないと精神的に不安定な状態です。

エナジーバンパイアは主に人や物に依存して相手のエネルギーを奪う人ですが、不安から被害妄想が強くなるなど病的な態度や言葉が多い場合は、何らかの精神病に罹患している可能性もあります。

エナジーバンパイアの診断チェック

  1. 相手と一緒にいるとなんだか気分が悪い・疲れる
  2. 相手にできれば会いたくない・話したくないと思う
  3. 相手と一緒にいると我慢している感じがする・ストレスが溜まる
  4. 相手から「あなたといると元気になれる」と言われる
  5. 相手に依存されている感じがする・相手が何かの依存症を抱えている
  6. 相手は自分では努力せず、不満や愚痴が多い

以上の項目で半分以上当てはまるチェックがあれば、相手はエナジーバンパイアの可能性があります。

エナジーバンパイアを直す方法

自分の考えを持つ


エナジーバンパイアの特徴をご紹介しましたが、特徴を知って、中には自分がエナジーバンパイアかもしれないと思う人もいらっしゃると思います。

エナジーバンパイアにならないようにするには、最初から人に頼らず、自分の考えを持つ、自分で行動を起こすことから始まります。何でもすぐ人に頼っていては、いつまでも自主性のない人間のままです。

人を頼みにする、依存するのは楽です。しかし、楽な人生を送る代わりに、会社でもプライベートの付き合いでも、どこへ行っても人に頼らないと生きられない不安、自分では何もできない無力感を抱えたまま生きていくことになります。

夢中になれる趣味を作る


人からエネルギーを奪わない人間になるには、自分が興味を持てるものを持ちましょう。趣味を通じて自分が成長できるようなものが望ましいです。

スポーツ、ダンス、絵画、陶芸、楽器、一人旅など自分でできることを増やし、見聞を広めましょう。趣味が高じればその分野に関する資格取得ができたり、そのまま仕事に発展することもあります。

趣味がそのまま自分を体現する手段になり、できることが増えれば自分に自信がついてくるので、楽しめる、夢中になれる趣味を探してみてください。

愚痴を言わない


愚痴は自分にとっても聞かされる相手にとっても、悪い影響を及ぼすマイナス言葉です。愚痴が多い人に幸せな人はいません。それは、身の回りにある幸せよりも不幸を見つけることが得意だからです。不幸ではなく、幸せを見つける視点を持つようにしましょう。

また、愚痴が多い人は自分と他人を比べる人です。そういう主体性のない考えは、最終的に自分を苦しめます。自分より良い思いをしている人は、もしかしたら影で人一倍努力しているのかもしれません。

うらやましいと思う人がいるなら嫉妬して足を引っ張るのではなく、その人のファンになりましょう。そして、どうしたらその人のようになれるのか参考にします。

また、ただ真似るのではコピーに過ぎず相手に依存しているだけなので、自分のやりやすいようにアレンジして、自分だけのスタイルを見つけましょう。仕事でもプライベートでも輝いている人は皆、影でそういう自分探しの努力をしています。

エナジーバンパイアへの対処法

距離を置く


エナジーバンパイアへの最も効果的な方法は、相手となるべく関わらないようにすることです。

姿を見たら別の場所へ移動する、話しかけられたら急ぎの用があるなどの理由を言ってなるべく距離を置くようにしましょう。可哀想だと思って相手にしてしまうと、エナジーバンパイアにとっては格好の依存相手になってしまいます。

相手にしない


エナジーバンパイアに依存されやすいのは、相手の希望に応えようとする「お人好しタイプ」の人です。

ですから、エナジーバンパイアに何か頼まれても、用事があるからなど理由をつけて断るようにしましょう。自分の願いを聞き入れてくれないとわかれば、エナジーバンパイアは別のターゲットを探すので、次第に依存されることはなくなっていきます。

肯定・否定しない


相談事が多いエナジーバンパイアの人から何か同意を求められても、「そういう考えもあるね」というように、肯定も否定もしない曖昧な答えを返しましょう。

エナジーバンパイアは自分には分からないことを人に尋ねて、その答えを返してくれる人に依存します。明確な答えをくれない人には相談しても意味がないと思うようになるので、曖昧な答え方をすることで、徐々に相談されることが減っていきます。

病気だと思う


被害妄想が強いなど、思い込みが激しいエナジーバンパイアの場合は、何らかの精神病の可能性もあるので、まともに相手をしているとこちらのストレスが溜まります。

何だか様子がおかしい、普通だと思えないような人の場合はまともに相手をせず、おかしなことを言われても病気の人だと思って話を聞くか、関わりたくない場合はなるべく距離を置くようにしましょう。

何がしたいのか聞いてみる


家族など身内にエナジーバンパイアがいる場合は、なかなか相手を避けることも難しいかと思います。

家族関係で悩みが多いのは、夫や妻などの愚痴が多いというものです。仕事や家事が終わってから愚痴を延々と言ってくる場合は、何らかの不満を抱えている心理があります。

ですから、「(不満があるなら)あなたはどうしたいのか」聞いてみましょう。例えば「仕事が辛い、疲れた」など毎日言ってくる場合、その言葉を通して、相手は何か別のことをあなたに伝えたい可能性があります。

そこで「仕事が辛いならどうしたいのか」聞くことで、「実は転職を考えている」「起業したいと思っている」など本音を打ち明けてくれることがあります。

また、世間話のように愚痴を言う場合は「ただ寂しかっただけ、話を聞いてもらいたかっただけ」など別の理由が隠れていることもありますが、付き合いきれないときは聞き流す、家事、仕事があるからと理由をつけて別室に移動するなど、相手から距離を置くようにしましょう。

好きなことをする


エナジーバンパイアと関わって気力を奪われたと感じたときは、自分の好きなことをしましょう。

エナジーバンパイアと関わっているときは我慢を強いられている状態なので、趣味に没頭する、旅行へ行く、おいしいものを食べるなど我慢しているストレスから思い切り自分を解放してあげましょう。

好きなことをするほどの元気もないときは寝て体力・気力を回復しても良いですし、その時の自分が今こうしたいと思っていることをして気力を取り戻してください。

エナジーバンパイアには無関心が効果的

エナジーバンパイアに相談や願い事をされても応えないようにすることで、エナジーバンパイアに依存されることはなくなっていきます。

家族にエナジーバンパイアがいる場合、愚痴を聞かされそうになったら家事を始める、別の部屋に移動するなどして話を逸らすのも効果的です。エナジーバンパイアと関わって付き合いきれないときは、自分を守ることを優先にするようにしてください。

スポンサーリンク