バカにされやすく不快な思いをすることが多いと悩むことはありませんか?バカにされた瞬間は普通に受け流していても、後で言われたことに傷ついたり、腹が立ってくることもあると思います。

そこで今回は、バカにされやすい人の特徴についてご説明したうえで、バカにされたときの対処法についてご紹介します。




バカにされやすい人の性格・特徴

言い返さない・我慢強い


人に批判されたり、気に障るようなことを言われても言い返さない人は、言い返す人よりもバカにされやすい傾向があります。

言い返すことで喧嘩をしたくない、人間関係のトラブルになりたくないと考えていると、この人は何を言っても言い返せないと判断され、バカにされることがあります。

優しそうな雰囲気がある


実際に優しい性格かどうかは関係なく、見た目や話し方が優しそうな雰囲気を持っていると、そうでない人よりもバカにされる傾向はあります。

バカにする人にとっては「優しそう=何を言っても怒らなさそう」という思い込みがあり、優しそうな雰囲気を持つ人をバカにすることがあります。

八方美人


誰からも好かれていたい気持ちがある人は人に失礼なことを言われても、嫌われたくないという思いから黙ってしまいます。

八方美人な人は自分が人からどう見られているかを気にするので、自分の気持ちよりも人に嫌われたくない思いを優先してしまいます。

外見・話し方


痩せている、身長が低い、猫背、声が小さいなどの特徴がある人は弱そうなイメージを持たれやすく、バカにされることがあります。

外見ではボサボサの髪、だらしない服装などをしていると人からも見下されやすくなります。

動作が遅い


動きや話し方など何をやらせても遅い人は、その動きの緩慢さからバカにされることもあります。

動作が遅いこと自体は悪いことではありませんが、動きが遅くて仕事に遅れが出る場合は、周囲から注意されたり、バカにされやすくなってしまいます。

バカにされたときの対処法

無反応でいる


バカにしてくる人は、基本的に自分に自信がありません。ですから、人をバカにして貶めて、自分が優越感に浸ろうとする心理があります。

バカにする人の心の中は、実際には人に先を越されないかという不安が渦巻いているので、バカにされたときに無反応でいるのが対処法になります。

相手から何も反応が返ってこないと、バカにする人はそれ以上あなたと会話をすることもできないので、置いてきぼりにされるような状態になります。

毎回スルーされると暖簾に腕押しの状態になり、「あの人には何を言っても駄目だ」と分かるので、次第に向こうから距離を取ってくれるようになります。

哀れんでおく


人をバカにする人は本人の心や考え方に問題があるのですが、それに気づかずに人を貶めて安心感を得ようとしています。人をバカにする人はそのことに気付かない限り、幸せな人生を送ることはできません。

墓穴を掘るような人生を送っていると思えば、人をバカにする人はとても可哀想な人です。自分のしたことはいつか倍になってはね返ってくるので、言われたことを真に受けず、救いようのない人だと呆れて傍観しておくのも対処法です。

言い返す


自分の大切なものや尊厳を傷つけられるようなことを言われたときは、言い返すことも必要です。

酷いことを言われたときは頭に来ると思いますが、言い返すときはなるべく感情的にならず、冷静に話すことで喧嘩や言い争いなどのトラブルを防げます。

「言われたことに対してとても傷ついた、自分の立場に立ってみて、そんなことを言われたらどう思うか」という気持ちを相手に伝えることが効果的です。

職場の場合は、バカにしてくる人の上司に当たる人に「こんなことを言われた」と報告や相談をしておくことも対処法です。

その後に上司が本人に注意してくれたり、もしくは上司を含めて3人で話し合うと、バカにしてくる人はそれ以降失礼なことを言わないようになります。

イメージチェンジする


外見をバカにされるときはダイエットする、体を鍛える、おしゃれをすることでバカにされることが減っていきます。自分でもコンプレックスに感じているところがあるなら、整形するのも対処法です。

外見で強そうな印象を与えるには、顔の印象を変えるのが最も効果的です。女性ならメイクで目を強調させたり、濃い色の口紅を付けることで強い印象を与えられます。

表情で印象を変えるなら無表情でいる、口角を上げない、話すときに相手の目をじっと見るなどの行動をすると威圧感のある雰囲気になります。

イメージチェンジして雰囲気をガラリと変えることでバカにしてくる人も何も言えなくなり、余計なことは話しかけてこなくなります。

芸を持つ


芸は身を助けると言いますが、一芸に秀でている人はそれだけでバカにされにくくなります。絵が上手い、達筆、歌唱、楽器ができる、ものづくりが得意、スポーツ万能など目に見えて人に感動を与えられる特技を持っている人は尊敬されやすい特徴があります。

特技がなければ仕事で成果を出すなど、何か1つでも人にアピールできるようなことを身につけておくことで自信を持つことができます。

バカにされて悔しいと感じたら


バカにする人と言い合いになっても相手はそう簡単には変わらないので、時間やエネルギーの無駄です。

バカにされて悔しいと感じたときは、その悔しさをバネにして、その人よりも優秀な人間になってやるというように、怒りのエネルギーを自分の能力を高めることに注いでください。

スポンサーリンク