職場や家族にトラブルメーカーな人がいると、なぜ問題ばかり起こすのかと疑問に思うこともあるかと思います。

トラブルを起こす人は周囲の状況が判断できず、自分の考えだけで行動するところがあり、それがトラブルを起こす原因になります。

今回はトラブルメーカーな人の特徴や心理、対処法について詳しくご紹介します。




トラブルメーカーの意味は?


トラブルメーカーとは、人と意見が衝突しやすくケンカを起こしたり、悪い噂が絶えない、信頼性が低いなどトラブルの原因になりそうな性格や考え方を持つ人のことです。

トラブルメーカーは自己中心的な面を持っているので、自分勝手に行動して周囲の人をトラブルに巻き込むこともあります。周囲に迷惑がかかることに考えが回らず、何をするかわからない人として警戒されやすい面を持っています。

トラブルメーカーの特徴

自信過剰である


能力の有無にかかわらず自分を過信している人は、自信があるからこそ行き過ぎた態度を取りがちです。「自分の考えていることが正しい」と信じて疑わず、それを人にも強要するために人間関係のトラブルを起こしやすい特徴があります。

仕事、恋愛、人生の価値観などは人によって正しいと思う考えは違うため、本来は誰にとっても正しい物事など存在しません。

正義感が強い人、真面目で厳しい人の中には自覚がないまま他人にも自分の正義を押し付けることがあり、悪気がないため厄介なタイプでもあります。

悪口が多い・口が軽い


日頃から人の悪口をよく話したり、人の秘密をすぐ他人に話すような人は、悪口を言っていることや秘密を話したことがバレたときにトラブルに発展します。

悪口を言った相手が泣き寝入りしない人の場合は法的手段で仕返しされたり、自分より立場が上の人の場合は、パワハラのように仕返しされる可能性もあります。

口が軽く、仕事で重大な秘密を漏洩させた場合は役職を下ろされるか、クビに追い込まれることもあります。悪口や人の秘密をすぐにバラす人は基本的に自分に甘く、実際に自分が苦しい目にあわないと反省できないタイプです。

また、常に悪口を言ったり口が軽い人は周囲の人も何となくその性格を知っているため、トラブルに巻き込まれないため周りから距離を置かれることもあります。

嘘を吐く


最近の嘘つきに多いのが「話を盛る」というものです。これは自分の話に興味を持ってもらいたい、もしくは自信のなさから自分が華やかな生活を送っているように見せるなど、承認欲求の表れから起こるものです。

しかし、嘘を吐く本人もそれが嘘であることが分かっているので、最初は嘘の話でも興味を持ってもらえて嬉しいと思いますが、もっと褒められたい、認められたいと思うようになると歯止めが利かなくなり、嘘に嘘を塗り重ねていくようになります。

私生活を盛るなどプライベートな嘘はバレなければ大きなトラブルにはなりにくいですが、人から認められることばかりに考えが向いているので、自分の本当の幸せが何なのか見失い、人によってはうつ病などの精神病を発症することもあります。

また、仕事で嘘を吐いたときは真実が明らかになったときに自分だけではなく他の人、会社そのものに迷惑がかかります。嘘を吐いた人はトラブルの原因と見なされ会社を追われるか、トラブルの内容が深刻な場合は会社から刑事訴訟されるケースもあります。

すぐに泣く


例えば仕事で少し注意されただけで泣いてしまう人は、悪気がなくても周囲からトラブルメーカーな人と思われてしまいます。

どんな理由であっても、一見すると泣かせた方が悪いと思われてしまいがちだからこそ、すぐ泣く人には相手も気を遣わせてしまいまます。

仕事場ですぐ泣く人は、パニックを起こすと自分の考えで頭が一杯になってしまい、自分の気持ちしか考えられない人です。

泣いてばかりいると周囲の人からも「また泣いてる」と呆れられるようになってしまい、場合によっては上司から注意されることもあるでしょう。仕事場で泣きたいときはトイレなど一人になれる場所へ行き、そこで泣くようにしましょう。

人との距離感が分からない


「何歳ですか?」「結婚していますか?」「子どもはいますか?」など、何の遠慮もなく人のプライベートな話題に口出しする人は、相手の顰蹙を買います。

こういったタイプの人は人との距離感が分からない人で、自覚がないトラブルメーカーな人です。周囲から失礼な人、教養がない幼稚な人と見られていますが、本人には全く悪気はありません。

人から失礼だと注意されてもその意味が分からず、相手の気持ちを考えられない人です。そのため誰にでも同じように失礼な発言をし、相手によっては喧嘩を売っていると思われトラブルに発展することがあります。

トラブルメーカーの心理

自分が正しいと思っている


自信過剰タイプのトラブルメーカーは、自分は正しい、間違っていないという心理があり、自分の意思を曲げないため人と衝突しやすくなります。

意志を貫くのは悪いことではないのですが、自分が正しいと信じている人は、他人の言っていることには聞く耳を持たなかったり、相手の言うことは全て間違っているとはねつけます。そこから相手の反感を買い、トラブルの原因が生まれます。

自信過剰タイプの人は、相手の言い分もよく聞いて、「たしかにそういう考え方もある」と相手の意見を聞こうとする姿勢が必要です。

人は自分の意見を聞いてもらえなければ、相手の話を真剣に聞こうとは思わないものです。

相手の話に聞く耳を持てば、相手も自然と自分の意見を聞き入れてくれるようになり、トラブルが起こる可能性も減っていきます。

自信がない


悪口や嘘が多い人は自分に不満が多く、自分に自信がありません。

嘘が多い人は嘘を吐かないとバカにされる、笑われたくないなどの恐怖心があり、素直な自分を見せることに自信のない人です。

悪口が多い人は本当は自分自身に不満があり、それを他人に投影して自分の嫌な面を悪口として話しています。

例えば「あの人は仕事はできるが、細かいことにうるさい」という人は、本当は仕事ができるその人のことをうらやましいと思っている心理がありますが、素直にそれを認めたくないために余計な悪口を言います。

仕事ができる人を素直に認められる人は「あの人は几帳面だからこそミスが少なく、仕事もできるんだ」という見方ができます。

自己中心的


すぐに泣く、人との距離感が分からないタイプの人は自分のことしか考えられない人です。

すぐに泣く人はパニックになると自分の考えで頭が一杯になり、距離感が分からない人は自分の関心事にしか心が向かず、相手の気持ちを考えられません。

自己中心的な態度を克服するのには時間がかかりますが、一歩立ち止まって考えるクセをつける習慣で変わっていきます。

泣きそうになったら、泣かれた相手が困る気持ち、その後の気まずさを考える、失礼なことを言ってしまいトラブルになりやすいなら、発言する前に失礼にならないか相手の気持ちを考えるなど、一歩立ち止まれるようになることでトラブルに発展することを防げます。

トラブルメーカーの対処法

必要以上に関わらない


職場や家族など身近にトラブルメーカーがいる場合は、なるべく関わらないようにするのが一番良い対処法です。

トラブルメーカーは自己中心的で、自分を守るためなら何をするか分からない面を持っています。そのため、側にいるだけで自分が巻き込まれる可能性もあります。

悪口に同意を求められても同調しない、秘密の話をされそうになったらその場を離れるなど、余計なトラブルに巻き込まれないよう自分を守ることを優先しましょう。

スルーする


失礼な発言をされたら誰でも頭に来るものですが、そこでムキになっては相手の態度に振り回されていることになります。

自分のペースを保つには、「また失礼なことを言っている」とスルーすることも対処法の1つです。いちいち失礼な発言に躍起になっていては、自分も相手と同レベルの人間となってしまいます。

失礼な発言を繰り返す人は大体他の人にも同じことをしているので、周囲の人からも嫌われていたり、自分の発言で墓穴を掘って痛い目に合うときがきます。

自分の発言で不幸になっていく可哀想な人だと思うようにし、聞き流すようにしておくのが無難です。

目上の人に相談する


あまりに失礼なことを言われたら、その人の上司や親など目上に当たる人に相談するのも対処法です。

相談するときは言われた日時や内容についてメモしておき、3人で話し合いがしたいと協力してもらいましょう。

自分と相手だけで話しても、相手に悪気がない場合は「謝る理由が分からない」と謝ってもらえない可能性もあります。

きちんと謝罪してほしいときは相手の目上に当たる人にも話に参加してもらうことで相手も言い逃れできなくなり、反省すれば失礼なことを言ってこなくなるでしょう。

病気だと考える


失礼な発言があまりに多い、すぐ泣いて情緒不安定な人など常識やマナーが欠けている人が身近にいる場合、その人は病気であるという考え方も対処法です。

聞くに堪えない言葉を言われたり、子どものように泣く態度を取られることが続くと腹も立ちますが、そういうことがやめられない病気の人だと思えば、腹は立っても病人だから仕方ないという気持ちになります。

また、トラブルをよく起こす人の中には実際に人格障害があったり、精神的な病気を発症しているケースもあります。家族の場合は一度病院へ連れて行くか、職場の場合は上司に相談したり、企業内カウンセラーに相談する対処法があります。

トラブルメーカーの特徴を自覚しよう

トラブルメーカーは問題児のように異端的な存在として扱われやすいですが、周囲の状況が分からなくなり、自分の考えだけで行動すれば、実は誰でもなり得るものです。

トラブルメーカーにならないためにはなりやすい人の特徴を知っておき、そうならないように日頃から自分の考えだけで行動せず、人の話にも聞く耳を持つ姿勢が大切です。

スポンサーリンク