自分のことを色々尋ねてくる、気付けばよく側にいるなど、何となく付きまとわれているような気持ちになる人が側にいませんか?

その人がまだ知り合いや友人でないなら、不快な場合、なるべく早いうちに距離を置きましょう。ストーカー気質の人と仲が良くなるほど、相手から依存されやすくなります。

今回はストーカー気質の人の特徴や、ストーカー被害に遭ったときの対処法についてご紹介します。




ストーカー気質の人の特徴

独占欲が強い


ストーカー気質の人は嫉妬深く、同性・異性関係なく気に入った相手を独占したがります。

あなたが他の人と話しているのを遠くから見ていたり、後で何を話していたのか、どこに行っていたのかなど詮索してくる人はストーカー気質の持ち主です。

連絡が多い


ストーカー気質の人はマメに連絡を取りたがります。相手のことがよく分からないうちは几帳面な人と思うだけかもしれませんが、電話に出てほしい、メールの返信をしてほしいなどやたら返事を催促してくる人の場合はストーカー気質の可能性があります。

詮索する・プライドが高い


ストーカー気質の人は一度気に入った相手を見つけると、やたら連絡したり付きまとったりと、しつこく詮索するようになります。

たとえ相手から「しつこい、関わらないでほしい」と言われてもスッパリ諦めることができず、何かと関わろうとしてきたり、逆恨みして嫌がらせしてくることもあります。

また、ストーカー気質の人は自己中心的でプライドが高い傾向があります。

プライドが高いので自分から告白して振られたときに、自分のプライドが傷つけられたと思って逆恨みし、相手に付きまとったり、恨み言を言ったり、嫌がらせをしたりします。

思い込みが激しい


ストーカー気質の人は好きな人が別の人と話しているだけで「アプローチされている」、「好きな人を奪われる」など過剰な妄想を抱きます。

好きな人が他の人と仲良く話していれば誰でも少しはモヤモヤした気持ちになるかもしれませんが、ストーカー気質の人はその嫉妬の度合いが強いのが特徴です。

また、思い込みが激しいので自分の考え(妄想)は全て正しいと思っており、人の意見を聞かず、「嘘を吐いている」、「自分を騙そうとしている」という風に考えます。

ストーカー気質の人の心理

自信がない・依存的


ストーカーになりやすいタイプには2種類の人間がいます。1つは自信がないタイプのストーカー気質です。自信のなさを他人に依存することで埋め合わせようとする心理があります。

自分の心で満たせない不満や不安を取り払ってくれる人、癒してくれる人などに依存するので「あなたがいないと生きていけない」というようなことを言いますが、それは愛情ではなく、自己中心的な心理のために生まれています。

自信過剰


ストーカーになりやすいもう1つのタイプが自信過剰タイプの人です。自信過剰な性格の場合、「自分が相手を好きなんだから、相手も自分を好きでいてくれている」という考えを当たり前のように思っています。

異常なまでの自信を持っており、例えば相手に好意を拒否されたとしても「照れ隠しに違いない」、「誰かに命令されて嫌いだと言わされている」というように、常識では理解できない都合の良い考え方をします。

ストーカー気質を直す方法


ストーカー気質の人の特徴や心理を知ると、自分が当てはまると思う方や、元々自覚しておりストーカー気質を直したいと思っている方もいらっしゃいます。

ストーカー気質になるのは本来持っているその人の性質や育ってきた環境によって作られた考え方など原因はさまざまで、直すというのは自力では簡単ではありません。

本気でストーカー気質の性格を直そうとするなら精神科や心療内科で認知療法を受け、自分の価値観や考え方を徐々に変えていく治療をすることになります。

自分でできる対策としては、仕事や趣味に没頭することです。ストーカー気質の人は好きな人のことを考えれば考えるほど、その人のことがもっと知りたいと思うようになり、相手のことを詮索したくなります。

ただ、好きな人のことを意識して考えないようにするのは難しいと思うので、仕事や趣味に打ち込み、好きな人のことから関心を逸らすようにしましょう。特にスポーツで体を動かすと考え事をしなくなるので効果的です。

ストーカーされやすい人の特徴

笑顔が多い人


男性でも女性でも、笑顔が多い人は笑顔が少ない人より魅力的に見える分、ストーカーにも狙われやすい傾向があります。

ストーカーは何でも都合よく解釈するので、笑顔を向けられただけで「この人は自分のことが好きなんだ」と突飛な思い込みをします。

特に男性は女性から向けられる笑顔を好意だと勘違いしやすいので、必要以上に笑顔を向けない、なるべく無表情でいるだけでも効果があります。

危機意識が低い


「まさか自分がストーカーに遭うわけがない」、「この人がストーカーになるわけがない」というように、ストーカーについて他人事のように考える人もストーカー被害に遭いやすいタイプです。

自分は被害に遭わないと考える人は危機意識が低く、嫌な予感をなかったことにしようとしたり、被害に遭っても「無視すれば良い」と思ってそのまま放置してしまいます。

ただ、一度狙われるとストーカー側から引き下がることは滅多にないので、そのままストーカーがエスカレートするのを助長させてしまうことになります。

同情心がある・優しい


人に同情しやすい性格の人は、ストーカー気質の人を受け入れようとするため依存されやすくなります。

また、分け隔てなく人に優しいタイプの人も、自分を受け入れてくれる人だと思われるのでストーカー気質の人から依存されやすい傾向があります。

ストーカーへの対処法

距離を置く


ストーカー被害の80%以上は顔見知りによるものといわれており、知り合いになることからストーカーに発展しやすくなります。

何となく詮索されているような嫌な感じがしたら、仲良くなる前に距離を置きましょう。薬指に指輪をはめる、恋人の話をする、好きな人がいることを話すなどして脈なしであることを伝えましょう。

相談する


現在はストーカー規制法が施行されているので、被害に遭ったときはまず警察や弁護士へ相談してください。ただし、相談するときには確かな証拠が必要です。証拠がなければ警察は動きません。

電話やメールの履歴、送り主の不明な手紙や荷物などは証拠品として残しておきましょう。付きまといなど証拠集めが難しいものは探偵社に協力してもらう方法もあります。

また、探偵に相談しておくことで探偵社のネットワークに規制がかかり、ストーカー側が探偵社を使ってあなたの住所を調査をできないよう予防する効果もあります。

身近な人に解決してもらおうとしない


ストーカーの被害を身近な人に相談した場合、間に入って解決してもらおうとするのは危険です。例えば職場の上司や同僚、家族などに相談してストーカー本人に注意してもらったとしても、ストーカーは反省するどころか「二人の仲を引き裂こうとしている」という妄想から逆恨みすることがあります。

ストーカーにとって「自分の好意を阻む人間は全て敵」と見なされるため、被害者だけでなく被害者の関係者にまで危険が及ぶ可能性があります。ストーカーのトラブルは簡単に解決できる問題ではないので、ストーカーされていると自覚したら早めに警察や探偵社へ相談しておきましょう。

逃げない


ストーカー被害に遭ったときは、ストーカーから逃げないことも1つの対処法です。

ストーカーへの対処法といえば、まず会わない、連絡拒否する、引っ越しするなど相手と距離を置く対処法がよく挙げられますが、それはストーカーとまだ深く知り合っていないときに有効な対処法です。

恋人、友人、職場の人などお互いの名前や電話番号、アドレスなどを知っている関係の場合、そこから距離を置こうとするとストーカーから逆恨みされる可能性があります。

引っ越しをしたとしてもストーカーに住所を調べられる可能性もあり、その後も「いつか見つかるのでは」という不安を抱えながら、隠れるような生活を送ることになります(ただし、命の危険性を感じる場合は引っ越しするのも応急的ですが有効です)。

しつこいストーカーほど逃げれば逃げるほど追ってくるので、ストーカーを逆上させないためにはなるべく関わらず、会ったときは逆恨みされるようなことを言わず、聞かれたくないことには相手が納得するような口実を作り、情報を与えないようにしましょう。

弱気にならない


ストーカー被害に遭ったことがない人からすれば他人事のように思えるかもしれませんが、ストーカーは誰でも被害者になる可能性があります。また、加害者も異性とは限りません。同性の場合もあります。

ストーカー被害に遭えば誰でも恐怖やストレスを感じ、パニックに陥りやすくなります。ただ、そのまま怯え続けていてもストーカーはエスカレートするばかりです。

被害に遭ったらまず警察や弁護士に相談することが大切ですが、自分自身が「ストーカーに負けない」という心構えを持つことも必要です。

嫌われようとしない


ストーカへの対処として、あえて下品な言葉、態度をする、はっきり「嫌い」と言うなどの対処法がありますが、危険なのでおすすめできません。

ストーカー気質の人は、例え嫌われるような態度を取られても「自分の好意を試しているに違いない」というように、都合良く考えを捻じ曲げます。また、例え本当に幻滅して目が覚めたとしても、「自分のイメージを壊された」というように逆恨みする可能性があります。

はっきり「嫌い」と言った場合、ストーカーはプライドが高いので、振られたことで自分のプライドが傷付けられたと怒りを持ち、逆恨みしてくる可能性があります。あえてストーカーと対抗するような態度は取らないようにしましょう。

ストーカーを受けたら相談しよう

ストーカーの特徴や心理を把握しておくことで、ストーカー気質の人を見抜くことができ、事前に深い関わりになることを防ぐことができます。

実際にストーカー被害に遭っている場合は、なるべく証拠を集めることに専念してください。証拠が多いほど、警察も捜査に動いてくれやすくなります。

スポンサーリンク