お金はないよりもあった方が良いと思う人が多いように、お金持ちになりたいと考える人はたくさんいます。しかし、多くの人はお金持ちになれたら良いなと思うだけで、お金持ちになるために何かを始める人は少ないです。今回は、お金持ちになる人の性格の特徴や、お金持ちになる人の習慣の共通点についてご紹介します。




お金持ちになる人の特徴は?

人に親切にする


お金持ちになる人は、人に親切に接する傾向があります。お金持ちになる人は、大切な人のためにお金を使うときもお金を惜しみません。

お金持ちになる人は、人のためにお金を支払うことで、その人との信頼関係を築くきっかけになったり、新しい縁を運んで来てくれると考えています。お金自体で信頼を買うことはできませんが、お金で相手のためになることをすることで、お金では買えないものを手に入れることができると思っています。

また、お金持ちになる人はお金だけでなく様々な知識を持っているので、仕事で上手く行くコツや処世術など、役に立つ情報を教えてくれる場合もあります。

悪口を言わない


お金持ちになる人は、汚い言葉や悪口をほとんど言いません。アメリカの大学調査によると、下品な言葉を使う人は収入も少ないという研究結果が出ており、人の言葉遣いと収入には科学的な関係があると考えられています。

お金持ちになれない人は日頃のストレスの愚痴や悪口を言いますが、お金持ちになる人はその時間を使って勉強をしたり、ストレスを発散させるスポーツや趣味に活用します。

愚痴や悪口を言っても何の資産にもなりませんが、お金持ちになる人は上手にストレス発散し、同時に経験や知識を積んでいます。

悪口を言う人の心理については、こちらの記事で詳しくご説明しています。
悪口を言う人の心理と対処法は?悪口を言うと顔が老ける?

笑顔が多い


「笑う門には福来る」ということわざがあるように、お金持ちになる人は生活の中で笑顔が多い特徴があります。愚痴や不満を言う人は人の縁を遠ざけるので、それだけお金持ちになる機会が減っていきます。お金持ちになるには、人間関係を良好に築く能力も大切です。

笑顔が多い人は優しい雰囲気や明るいオーラを持っているので、人からも良い印象を持たれやすく、人脈を作りやすいメリットがあります。

お金が好き


お金持ちになる人は、お金が好きです。お金持ちになれない人は、お金について話すのが嫌いだったり、たくさんお金が欲しいと考えることはみっともないというように、ネガティブなイメージを抱いています。
しかしお金持ちになる人は、お金が良いものや縁を運んで来てくれる、人を助けてくれるものだと考えています。

お金は、お金を嫌っている人の元には集まらないと言われています。そして、お金はお金がたくさんある場所に集まりやすいといわれています。お金持ちの人はお金をたくさん持ち、お金が好きですので、お金に好かれやすい特徴を持っていることからお金持ちになるともいえます。

お金持ちになる人に共通する習慣は?

行動力がある


お金持ちになる人は、新しいことを始める行動力があります。お金持ちになれない人は「お金持ちになりたい」とは思っても、実際にお金を増やすための行動は起こしません。

お金持ちになる人はリスクがあったとしても、それが許容できる範囲のものであれば、新しいことを始めようと思いますが、お金持ちになれない人は少しでもリスクがあることが分かると「失敗したら嫌だ」と思って、新しいことを始めようとしません。

お金持ちになる人はリスクは経験を積むチャンスだと考えていますが、お金持ちになれない人は、リスクは怖いものだと考えています。しかし、どんなことでもリスクを取れなければ、成功は掴めません。

リスクを取れる人はたとえ失敗したとしてもそれが経験になり、仕事への参考にすることができますが、リスクを取れない人は成功や経験を積むことができないため、いつまでも現状維持のままです。

常に努力している


お金持ちになれない人は、お金持ちの人に嫉妬したり、恨むなどのネガティブな感情を持っています。しかしお金は降って来るものではないので、お金持ちの人も、お金持ちになるほどの努力をしたということです。

お金持ちになれない人はお金持ちの人に嫉妬しても、自分の今の環境に不満があっても行動せず、スキルアップなどの自己投資もしません。お金持ちの人は環境に不満があったり、自分に足りないと思うことがあれば、どんどん行動に移して新しいことを始めていきます。

またお金持ちになれない人は、勤務時間が終われば仕事のことは考えないという人が多いですが、お金持ちの人は、自宅にいるとき、趣味をしているときなどの仕事をしていないときでも、何かビジネスにつながることはないと、常に仕事のことを考えています。

仕事について考えているときの時間差を考えれば、お金持ちとそうでない人に差が生まれてくるのは自然なことなのかもしれません。

勉強している


お金持ちになる人は、勉強家の特徴があります。ビジネスに関する勉強はもちろんですが、娯楽や雑学などの様々な知識も学ぼうとします。お金持ちになれない人は、ビジネスの勉強を面倒だと感じていたり、仕事の役に立たないような知識は知りたいと思いません。

お金持ちの人にとっては娯楽や雑学の情報であっても、人脈を作るきっかけや知識という資産になることを分かっているので、どんなことでも学ぼうとします。お金持ちの人は様々な物事を知ることで、ビジネスのアイデアのヒントにしたり、新しいビジネスにつなげていくことができます。

お金の管理に厳しい


お金持ちの人といえば高級品をたくさん買っているイメージがあるかもしれませんが、お金を増やすことが上手なお金持ちは、お金の管理に厳しいといわれています。

お金持ちの人は一円でも大切にする習慣がありますが、お金持ちになれない人は必要ないものでも「安いから」「気に入ったから」と何となく購入してしまいます。

お金持ちになれない人は、期間限定セールや割引などのキャンペーンがあると衝動買いしたり、必要のない物でも購入する傾向がありますが、お金持ちの人は良いものを長く使う習慣があるので、いらないものは購入しません。FacebookのCEO・マーク・ザッカーバーグは一般家庭の家に住み、必要最低限のものしか購入しないと公言しています。

健康管理に注意している


お金持ちの人は、自分の体が一番の資本であると考えています。そのため運動や食習慣などの健康管理も意識しています。

病気で入院すると医療費がかかり、仕事をすることもできなくなります。お金と時間を病気で大量に消費することを避けるために、お金持ちは食事、睡眠、運動などの健康管理を心がけています。

お金持ちの顔の特徴は?


お金持ちになる人の顔の特徴は、目が小さい人ことが挙げられます。目の小さい人は意志が強く、辛抱強いといわれており、衝動買いなどの無駄遣いをしない傾向があると言われています。

またお金持ちになる人は、鼻が大きいのが特徴です。大きな鼻は人相学ではお金が貯まっていく人の特徴であり、年齢を重ねるごとにお金が増えていくと言われます。鼻筋が鼻根まで綺麗に伸びている場合は、堅実にお金を稼ぐ傾向があると言われています。鼻の穴が下向きの場合は倹約家で、人のためにお金を使う傾向があります。

鷲鼻の人は頭が良い傾向があり、頭を使う仕事でお金を稼ぎやすく、お金の管理も計画的です。日本人には少ないですが、魔女のような鉤型の鼻は起業家の人に多く、お金持ちになりやすいですが、運勢は安定しにくいと考えられています。

お金持ちになる人の口は大きく、口角が上がっている特徴があります。人相学では大きな口は積極性の強さを表し、口角の上がっている人はポジティブに物事を考える傾向があるので、チャンスを無駄にせず、前向きに仕事を進める強さがあります。口角が引き締まっている場合は倹約家で、無駄遣いをしない傾向があります。

お金持ちになる人の耳は縦に長く、耳たぶが大きい特徴があります。財宝、福徳開運の神様として信仰されている恵比寿様や大黒点様、布袋尊様は耳が大きい特徴があります。大きな耳は様々な知識を取り入れやすいと考えられており、福耳とも呼ばれます。

お金持ちになる人の特徴を意識しよう


いきなりお金持ちになる人は宝くじが当選した人か、親がお金持ちの人だけで、ほとんどのお金持ちになる人は、お金を増やすための努力をしています。小さなことをコツコツ積み重ねられる人が、お金や人の縁を手に入れることができます。

お金持ちになりたい人は、お金持ちになる人の特徴を意識して、生活の中で心がけてみることが必要です。いきなり全てを意識するのは難しいので、最初は「笑顔を心がける」「人に親切にする」「お金を無駄使いしない」など、すぐにできそうなことから始めてみてください。

スポンサーリンク